光触媒・長期抗菌コーティング「ナノゾーンコート」

一度の施工で抗菌効果が長時間持続


認定施工店

世界初! 新型コロナウィルス エビデンス取得

nanozoneCOATは約99%菌が分解減少
※未来環境促進協会調べ

 

世界18ヶ国で採用のプロ仕様
光のチカラで繰り返し抗菌作用を発揮!
施設丸ごと安心の最先端ナノゾーンコート

ナノゾーンコートとは
屋内でも⻑期間継続的に光触媒作⽤を発揮し
直接⼈体に付着しても安全とされる極めて優れた光触媒コーティングです

ナノゾーンコートは、世界18カ国で使用されている世界最小レベルの酸化チタンを使った光触媒の防汚・消臭・抗菌コーティングです。酸化チタンは紫外線を受けると酸化酵素を発生し、菌やウイルス・VOCなどを減少・分解します。
経口毒性も皮膚刺激成分もなく、人体にも環境にも優しく安心な抗菌コーティングが可能です。

様々な場所のコーティングが可能です

無色&無臭なので飲食店・商業施設・教育施設・福祉施設から自動車・電車・バス車両まであらゆる場所にご利用いただけます。
また、専用スプレーガンで水分を飛ばしながら、施工するので特別な養生は必要なく、すぐに通常通りご利用でき、休業の心配もありません。

一般のご家庭

塾やカルチャースクール

保育園・幼稚園などの保育施設

介護施設・医療施設

スポーツジム・サロンなど接客業

バス・電車・タクシーなど交通機関

ホテル・宿泊業

山下健二郎さん YouTubeチャンネルにて紹介されました!
ナノゾーンコートについてよくわかるYouTubeです。

光触媒とは
光のエネルギーを用いて酸化還元反応を起こし、接触した菌やウイルス、バクテリアなどの有機化合物を不活化し、除去します。
この化学反応を促進する物質が酸化チタンです。酸化チタンは光のチカラで活性酸素を発生させ、菌・ウイルスなどを攻撃し、電子を奪うことで水や二酸化炭素に変化させ、蒸発した後には何も残らない状態にしてしまいます。

ナノゾーンコートの防カビ実験

タッパー容器にナノゾーンコートを施工したものと未施工のものを用意し、22日間その経過を観察しました。
カビの発生は、育成に最適な温度(25〜30℃)と70%以上の湿度、さらにカビの栄養となる埃や汚れなどが存在する3つの条件が揃った環境でカビ菌が増殖することによって視認できるようになります。
ナノゾーンコートを塗布したタッパーに入れたみかんは、施工なしのものに比べて、カビの増殖が抑制されているのが確認できます。

ナノゾーンコートの親水性実験

表面にナノゾーンコートを施工した鏡と未施工の鏡で水滴の付着の様子を比較観察しました。ナノゾーンコートを施工していない鏡の方は雨滴が引っかかって乱反射するため、写り込んだ画像が見づらくなっていますが、ナノゾーンコートを施工した鏡には、親水性が発揮され、表面が平滑化されるため乱反射が起きづらくなっています。

まとめ『ナノゾーンコート』が選ばれてる理由

世界で初めて新型コロナウイルスに効果があるとのエビデンスを取得した確かな品質


ナノゾーンコートは、日本の環境中から検出した新型コロナウイルスを30分で細胞核まで分解し、検出限界以下にすることが実験で立証されました(世界初エビデンス取得)。

その他、ヒトコロナウイルスへの試験でも99.99999%不活化を立証しており、ナノゾーンコートの光触媒反応には、様々なウイルスへの感染力抑制が期待されています。

無色・無臭だから養生要らず。 家具や家電も丸ごと抗菌コーティング


コーティング液剤は、無色無臭なので、素材を選ばずに噴霧できます。施工前に特別な養生も必要ありません。水分を飛ばしながら噴霧するので家具や家電製品でもそのまま抗菌加工が可能です。

施工場所は、換気程度ですぐに使用できますので、急な集会前なども対応可能です。

光が当たるたびに抗菌効果を発揮! メンテナンスの作業負担を軽減します

ナノゾーンコートは施工後、可視光線を吸収するたびに酸化還元反応を起こして、汚れやウイルスを分解除去します。何度も消毒作業を行わなくても大丈夫。消毒液による手荒れの心配もありません。

施工までの流れ

STEP1
お問い合わせ

STEP2
現場訪問

STEP3
お見積り

STEP4
作業開始

STEP5
作業完了

STEP6
後日報告書送付

STEP7
お支払い

一度の施工で抗菌効果が長期間持続

光触媒による新型コロナウィルス
不活性化試験のエビデンス取得


 
 

WEBやお電話でお気軽に
お問い合わせください。

03-3995-7288
担当:根岸

必須 会社名

ご担当者名

必須 メールアドレス

電話番号 ※ハイフン不要

必須 お問い合わせ内容


個人情報の取り扱いについて

このページの先頭へ