【ウッドイノベーション BY 電通】プレカット工場篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

 

うちの会社でも最近体調を崩している社員が多い昨今です。

お元気でしょうか?

             

 

ウッド・イノベーション BY 電通>

電通が持続的な森林育成と木材資源の有効活用により新たな“人と木の共生”について考えるということで、ウッド・イノベーション・プロジェクトを始めました。

地球規模では森林破壊、気候変動の危険性がある反面、日本は森林資源の消化が一向に進んでいません。

そうそう、テレビのアンケート調査でこんな数字がありました。

「山の木を切るのは良くないことだと思いますか?」という問いに対して、「良くないことだ」が60%。「良いことだ」が40%だったそうです。

このメールをご覧になっている方は当然御存知だと思いますが、里山の場合、そこに生えている木々の育ちやすい環境にするために、人が不要な木を間引きして、必要な木だけを成長させるという作業が必要です。

伐採した木は、生活用として、家を建てたりするのに使えます。

世界の森林事情と日本の森林事情は異なるのです。

いずれにせよ、人間がもっと木と上手に共生していく時代が来ています。

私たち篠原商店は独自のウッド・イノベーションを広げていきます。

外材でも国産材でも山の生産者、製材業者の顔が見える販売方法をこれからも行っていきます。

「杉」とか「スギ」と樹種で、人は福島の杉の木も、宮崎の杉の木も同じように呼びます。

でも全然特徴、性質は違います。

レッドウッド、ホワイトウッドも同様です。

フィンランドのそれと中央ヨーロッパのそれとは違うのです。

情報がこれだけ氾濫している時代ですが、木材の情報に関してはまだまだ遅れています。

 

篠原商店提供の「営業マン向け木材勉強会」を御社内でまず開催してみることをお勧めいたします。

 

中小工務店がマスプロダクションの大手ハウスメーカーに勝つには徹底的にストーリーと一緒に商品を売ることが必要です。

スーパーで売られているリンゴやトマトでさえ今は写真入りで「私が一生懸命作りました!」と紹介されている時代です。

皆さんが販売されている木材はどうでしょうか?

ぜひ私たちSHINOHARAを呼んでください!

 

 

キダテ設計事務所はリノベのお手伝いを行います!

 

また古民家等で利用されているリフォーム用門型ラーメン物件は篠原商店へぜひご用命ください!

 

町田

メール:   taka2taro@gmail.com

携帯:    090‐3430-6749

 

このページの先頭へ