<YAHOO混雑レーダー>篠原商店からのお得な情報

<YAHOO混雑レーダー>

人類史の中でも稀な状況下にいる2021年の私たち。

こんな時だからこそ流行っているというか求められているサービスがあります。

その一つがヤフーの提供するスマートフォン向けアプリ「混雑レーダー」

利用率が今飛躍的に伸びているそうです。

「混雑レーダー」ではエリアやターミナル駅周辺の混雑度を視覚的にわかりやすく色分けされたヒートマップで確認可能。

混雑度の算出にあたってはヤフーが提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可したユーザーのデータを、統計化して利用しているとのことです。

 

24時間前から20分前までの混雑状況が確認可能になります。

色分けの例として人が多い場所は桃色や赤色、人が少ない場所は青色や水色で表示。

状況の推移をアニメーションで再生する機能なども備えています。

 

https://map.yahoo.co.jp/congestion?lat=35.62142&lon=139.71012&zoom=12&maptype=basic

 

たぶんコロナ禍でなければこのアプリはこれほどの人気とニーズがなかったはずです。

人々の求めるニーズに変化があるならそれに合わせてサービスと商品を変えていくことが求められています。

工務店マーケティングも一緒。

どんなデザイン、間取り、建材、資材を使うかなどコロナ前とは明らかに変えるべき。

地域性もあるでしょう。

よく考えていきたいと思いました。

 

<津波対策>

国土交通省は12日、令和3(2021)年度の当初予算で実施される津波防災地域づくりに関する事例をとりまとめ、公表しました。静岡県静岡市の事例や、三重県松阪市など4都市の取り組みが掲載されています。

同省では、南海トラフ地震等の発生に備え、津波に対してハード・ソフトを組み合わせた総合的な対策を講じて減災を図る「津波防災地域づくり」を一層推進するため、省内に部局横断的な「津波防災地域づくり支援チーム」を設置。また、海岸保全施設や避難施設をはじめとする施設整備等に対応する防災・安全交付金等の重点配分を行なうなど、財政的にも支援しています。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ