<飛躍!OCHIホールディングスさん(3166)>篠原商店からのお得な情報

<飛躍!OCHIホールディングスさん(3166)>

九州福岡市に本社を置く建材問屋のOCHIさん。

現在株価は1,200円~1,300円の界隈を推移。

どちらかというとジャパン建材さん、ナイスさん、ジューテックさんの名前を多く聞く関東地方の私たちです。

でも関西以西はOCHIさん存在感デカいです。

第一四半期(3か月のみ)の売上、経常利益比較は以下の通り。

 

<売上>

2021年3月期第一四半期  230億円

2022年3月期第一四半期  248億円

8%アップ!

 

<経常利益>

2021年3月期第一四半期  3.2億円

2022年3月期第一四半期  5.5億円

7割アップ!

 

スゴイです。

業績好調の理由をIR資料の中でこのように描写。

「当社グループは耐震、ゼロエネルギー住宅等の高機能商材の普及促進、リフォーム・リノベーション需要の取り込み、非住宅市場の開拓等、成長分野での販売強化を図ってまいりました。あわせてグループ会社相互の連携強化やグループ会社再編による効率化を図ってまいりました。」

なるほど!

今の時代で住宅業界で儲かるためのキーワードは以下と確認。

  • ゼロエネルギー住宅
  • リノベ
  • 非住宅

この3つですね。

切り口を工夫して努力してまいりましょう!

 

OCHIホールディングスさんのIRはこちら!

https://www.ochiholdings.co.jp/frontcontents.php?id=327

 

 

<照度の問題>

厚生労働省の労働政策審議会は10月11日、事務室の照度基準や作業場の便所の設置基準、救急用具の扱い等を改正する省令案(事務所衛生基準規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱)について、概ね妥当であると厚労大臣に答申しました。

省令改正案は、事務所の清潔保持や作業環境等の衛生基準が制定から50年近く経過していることから、その間の社会状況の変化を踏まえて検討。7月に改正案を同審議会に諮問していました。

事務室の作業面の照度基準。一般的な事務作業300ルクス以上、付随的な事務作業150ルクス以上、の2区分としました。

作業場における便所の設置基準は、「作業場に設置する便所は男性用と女性用に区別して設置する」ことを原則とした上で、同時に就業する労働者が常時10人以内である場合は、独立個室型の便所を設ける等としました。

厚労省は今回の答申を踏まえて、12月上旬(照度基準は2022年12月1日)の施行に向け省令の改正作業を進めています。

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ