<頑張る日本アクアさん(1429)>篠原商店からのお得な情報

<頑張る日本アクアさん(1429)>

現在株価30,000円を再び目指している日本アクアさん。

少し下げ気味でしたがまた上げ基調な感じ。

12月決算の日本アクアさん。

UA値競争の様相を呈している性能重視の今の住宅業界。

日本アクアさんは流れに完全に載っているな!と思っていたのですがあにはからんや株価を下げています。

 

2021年1月~3月の実際の数字はどうだったのでしょうか?

  • 売上

51億円(昨年対比4.3%アップ!)

  • 経常利益

1.7億円(昨年対比61%減)

なぜ??

こんな記述がIR資料に載っています!(そのまま抜粋)

利益面ですが、原油市況の回復、米国及び中国の景気回復に伴う需要増加に加え、2021年2月米国テキサス 州を記録的な寒波が襲い、大手化学メーカーの各種ケミカル生産設備は供給不能(Force Majeure) に直面しました。これにより、世界的に供給がタイトとなり、原料価格は急騰しました。

 

IR資料はこちら!

https://www.n-aqua.jp/aqua_wp/wp-content/uploads/2021/05/6701c55d58b651dc8065e8d5993415ea.pdf

 

木材しかり、ケミカルしかり。

なんでも注文すれば当たり前に入ってくると思っているものって案外微妙な案配で手元に入ってきていることを実感する記事。

世界経済から人間の体にいたるまで案外繊細です。

逆に享受しているモノ、サービスに感謝したいと考えさせられたIR資料でした。

木材一本一本が愛おしく見えてくるから不思議。

感謝・感謝。

Thank you text on hand design concept

 

<地価動向>

国土交通省は4日、主要都市の高度利用地地価動向をまとめた「地価LOOKレポート」(2021年第1四半期)を公表しました。当期(21年1月1日~4月1日)の地価動向は、下落が27地区、横ばいが45地区、上昇が28地区。上昇地区数が増加しています。住宅地では、マンションの販売状況が堅調な中、事業者の素地取得の動きが回復している地区が増加しています。

圏域別では、東京圏(43地区)で上昇が10地区(前回6地区)、大阪圏(25地区)は上昇が6地区(4地区)、名古屋圏(9地区)では上昇が6地区(2地区)。地方圏(23地区)は上昇が6地区(3地区)でした。

用途別については、住宅系地区(32地区)では上昇が18地区(9地区)となっています。

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ