<買取保証付き住宅⁈>篠原商店からのお得な情報

<買取保証付き住宅>

練馬本社界隈で販売されている住宅で最近目立つのがサッカーチームのスポンサーをされている某社さんの建物。

なんとなくおしゃれです。

でも看板を一瞥すると業界的には相場よりやや高めの販売価格の感じが印象的。

それでも売れています。

住宅業界ではとてもユニークな販売方法です。

 

不肖町田が一番注目するのは「買取保証サービス」

当該会社さんが施工した戸建住宅で20年の保証期間中の物件であればいつでも買い取りますよというサービスです。

「齢を重ねてきたので老人ホームに入りたい!」

「コロナで会社が傾き住宅ローンが返せなくなった!」

などなど事情はさまざまでしょうが買取を保証するという安心サービス。

こんな仕組みがあれば少しくらい高くてもこちらの家を選ぶのが人の気持ち。

不動産部門を上手に活用しての販売手法。

なかなか私たちのような中小工務店ではこの類の手練手管は思い付いても使えません。

総合戦闘能力はかなり高度です。

 

「リースバックも可能になった!」と最近リリースした情報も何気に巧みです。

コロナ禍で収入が減った人が多い昨今。

「住宅ローンが払い続けることが難しくなった。でも子供の学校の友達、お付き合いもあるし、愛着もあるので今の家に住み続けたい!

こんなニーズ(お金も欲しいし自宅に住み続けたい)に応えてしまうのがリースバック。

自宅の売却を子供たち、ご近所さんに気づかれずに行うことが可能となります。

 

「買取再販」「リースバック」など自前では難しいサービスでしょう。

でも不動産会社さん、金融会社さんと組んでやると実現可能だと考えます。

当社のメイン行支店長さんにこの話をしたら「そんな話合ったらぜひ振ってください!」とのお応えが返ってきました。

中堅行さん以上なら皆さんノってきてくれると思います。

 

自前だけでなくアウトソースを活用しながら大手に負けずに頑張ってまいりましょう!

篠原商店は皆様と一緒に知恵を絞り、汗をかいてまいります。

本件でさらに情報が欲しいかたは「もう少し詳しい話を聞かせろ!」と町田までメールを一本ください。

 

 

<東京一極集中>

国土交通省は10日、「企業等の東京一極集中に関する検討会」の第2回会合を、WEB会議にて開催しました。

国土形成計画等において、東京圏への過度な集中の是正に向けた取り組みが進められている一方で、企業等の動向は大きく変化していません。

テレワーク・WEB会議の普及が今後もビジネス様式として定着していけば、企業立地や社員の配置にも変化が生じる可能性があります。また、新型コロナ感染症の影響下において、特に20・30歳代で地方移住への関心が高まっていることにも触れられました。

人生観・価値観や職業に対する意識調査(男女間の差異も考慮)のほか、本社の一括採用や定期的な転勤を伴う異動といった日本型の雇用慣行と一極集中の関係につき、海外とも比較しながら分析していく方針も示されました。

委員からは、「東京本社一括採用以外の地域就職の可能性も探っていくべき」「テレワークは一極集中との関わりが密接であるため、長期・短期での対策を考えていく」など、今後の議論への意見が寄せられました。

 

 

 

警察署、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ