<“話食動眠”(わしょくどうみん)ビジネスへ入ろう!?>篠原商店からのお得な情報

“話食動眠”(わしょくどうみん)って???>

積水化学工業住宅カンパニーさんの造語のようです。

高齢者向け事業の協業先であるアグリマス社の認知症対策事業に参画。

話食動眠(わしょくどうみん)』(コミュニケーション、食事、運動、睡眠)に基づく「認知症の早期発見、重症化予防プロジェクト」を実施しました。

 

積水化学工業さんのグループ会社が運営するサービス付き高齢者住宅(サ高住)とデイサービスセンターにおいて、自立から要支援の客を対象に運動とコミュニケーションを中心としたプログラムを提供。

日常生活の歩数が多い人は良質な睡眠が確保可能。

結果、生活機能と認知機能が高いと確認されたました!

 

意欲や生活習慣等に関するヒアリングも実施。

『話食動眠』に基づいた生活習慣が認知機能と生活機能の維持・向上に寄与することや、「サ高住」のような適度な距離感での共同生活が生活習慣や意欲に様々な効果をもたらすことが判明。

運動を行い、他者との関わりを持てる「場所づくり」が、本人の「意欲」の醸成につながり、認知症予防に効果的であることが確認されたそうです。

 

持ち家で引きこもりになってしまうお年寄りよりサ高住の住人の方が「よく話し」、「よく食べて」、「よく運動し」、「よく睡眠する」ので長生きのよう。

積水化学さんが関連会社でサ高住を運営していることから住宅会社との相性はいいはず。

サ高住建設、サ高住運営など身近な参入可能な「話食動眠」ビジネスがあります。

 

お薦めは月に9万円台で住めて、食事ができる「介護の王国」がお薦め!

住宅会社が次々に加入しています。

 

2055年までは高齢者人口は減りません!

ますます重要になるサ高住。

 

「介護の王国」説明会のご案内をご希望の方は町田まで「月額95,000円で入居可能なサ高住説明会の資料送れ!」とメールをください。

<住宅平均価格動向>

東京カンテイは8日、2019年7月の主要都市圏別・新築小規模木造一戸建て住宅平均価格動向を発表しました。

首都圏の平均価格は4,537万円(前月比0.2%下落)と、2ヵ月連続で下落しています。都県別では、東京都が5,069万円で反転上昇。神奈川県4,135万円と3ヵ月連続で上昇。千葉県3,907万円と反転上昇。埼玉県は3,972万円と5ヵ月ぶり反転下落しました。

近畿圏は3,408万円と、3ヵ月連続で上昇し、全体では好調を維持しています。府県別では、大阪府が3,295万円と3ヵ月ぶりに下落、兵庫県は3,850万円で2ヵ月連続上昇。京都府3,319万円で反転上昇しました。

中部圏は3,627万円と、2ヵ月連続で下落。愛知県も3,711万円と、2ヵ月連続で下落しています。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ