<米国の住宅ローン。6%超える!!!>篠原商店からのお得な情報

<米国の住宅ローン。6%超える!!!>

アメリカの金利上昇が止まりません!

とうとう住宅ローン金利が6%を超えました。

ちなみに1%の下でちょろちょろしている日本の住宅ローン金利。

これでは皆がドルでのアセット買いに向かうわけです。

 

ぜひ以下のURLをクリックの上折れ線グラフをご覧ください。

今年の一月にはまだ3%台。

それでも高い気がしていましたがあれよあれよと倍にまで登ってきています。

 

ブルームバーグ2022年9月16日記事。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-15/RI98U5DWX2PS01

ちなみに7,000万円借りて家を建てた時の支払い総額はこんな感じ。

7000万円    元利合計支払い  支払総額    倍率
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金利3.0%・・・月額295,122円    1億 624万円  1.51倍
金利6.0%・・・月額419,685円    1億5108万円  2.16倍
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          142%      142%

コンサルタント吉田繁治さん資料より)

 

これだけ支払い金額が消費者に増えても大幅な住宅価格下落にはならないだろうと記事は結んでいます。

アメリカ景気最強です!

 

ニュージャージー在住の不肖町田の友人のY氏は「10年前に購入した住宅が10倍になった!」と喜んでいます。

半面物価高騰が激しく日本からの観光客激減で日常生活が苦しくなったと漏らしています。

陰と陽。

でも篠原会長が教えてくれた「山高ければ谷深し」。

ガラガラと全てが転げ落ちないかが心配になる今日この頃です。

 

 

<鉄と木のハイブリッド>

大林組(東京都港区)は、オーストラリアのBuilt Pty Ltdと共同企業体にて、複合ビル「アトラシアン・セントラル」(シドニー市)の新築工事を受注したと発表しました。同建物は、宿泊および店舗エリアを含む複合施設で、7階から上階が鉄骨とCLTを採用した木造ハイブリッド構造。地上39階建て(高さ182m)、延床面積は約7万5000㎡。

ビルの設計はLEEDやWELLなどのグリーンビルディング認証で最高レベルの認証を取得する仕様で、建設中に排出されるCO2については通常の50%以下に抑制することを目標としています。また完成後は、100%再生可能エネルギーでの稼働を目指しています。

地上の構造部材を全て木材とした高層純木造耐火建築「Port Plus」を建設するなど、建物の木造・木質化に積極的に取り組み、循環型資源である木材利用の拡大促進、カーボンニュートラルやウェルビーイングなどの社会課題の解決にも取り組みます。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ