<木材は短期的には再びBUY!?>篠原商店からのお得な情報

<木材は短期的には再びBUY!?>

投資関連で今旬なユーチューバー高橋ダンさん。

高橋ダンさんの「投資は長期、短期に分けて考えよ!」というのは役に立つ格言。

最近の番組で紹介されていた印象深い「木材は短期的には再び買い!」というお言葉。

私たち日本の木材業界、住宅業界にいるモノとしては「アメリカの木材先物は天井を打った。あとは下がるのみ。」が2021年秋の“常識”。

でもプロのトレーダーたちは「目先またシカゴの木材先物は再び上がるかも?」なのだそうな。

不肖町田も少し驚いています。

実際以下の表をご覧ください。

確かにボトムを売った後上向き気味。

日本に入ってくる木材の価格どうなるのでしょうか??

世界のマネーゲームに翻弄されている木材価格。

下落傾向は変わらないと思います。

でも一本調子でないことは間違いなさそうです。

相場状況はこちら!

https://www.investing.com/commodities/lumber

 

<一年間の相場の動き>

 

 

<6か月間の相場の動き>

 

<東京都住宅着工統計>

東京都は6日、2021年8月の住宅着工統計を発表しました。

同月の新設住宅着工戸数は1万972戸(前年同月比13.0%減)と8ヵ月ぶりの減少となりました。

利用関係別では、持家1,476戸(13.8%増)で9ヵ月連続の増加。貸家5,450戸(19.9%減)で3ヵ月連続の減少。分譲住宅4,021戸(7.3%減)で2ヵ月ぶりの減少。うち一戸建ては1,490戸(16.9%増)で14ヵ月ぶりに増加です。

地域別では、都心3区が1,352戸(290.8%増)で、2ヵ月ぶりの増加。都心10区が3,126戸(12.5%減)で2ヵ月連続の減少。区部全体では8,781戸(17.1%減)で7ヵ月ぶりの減少。市部は2,168戸(8.1%増)と3ヵ月ぶりの増加となりました。

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ