<旭化成ホームズさん。米国アリゾナの工務店買収!>篠原商店からのお得な情報

<旭化成ホームズさん。米国アリゾナの工務店買収!>

日本の円が激安になることを心配している不肖町田。

為替変動が大きくなると予想していますが旭化成さんが米国アリゾナ州フェニックスの工務店(配管工事業者含む)を買収しました。

昔よく日本のプロ野球チームが冬のキャンプを行っていた場所。

年中暖かい街です。

買収した会社はBrewer Company.

https://brewercompanies.com/our-companies/

 

会社紹介のページのトップの文章がこれ!

Brewer Enterprises is the largest of our offers here in Arizona, building 7,000 homes in 2020. We pride ourselves on providing the highest value of any contractor in Arizona by continuously inventing new processes and technologies that have us be the leader in our industry. Our ultimate intention is to produce a defect-free home. Our production processes, quality control systems, safety practices, and innovative programs make us truly your professional plumbing contractor.

 

Googlea翻訳かけました!

Brewer Enterprisesは、ここアリゾナで最大のオファーであり、2020年に7,000戸の住宅を建設します。私たちは、業界のリーダーとなる新しいプロセスとテクノロジーを継続的に発明することにより、アリゾナの請負業者の中で最高の価値を提供することに誇りを持っています。 私たちの究極の意図は、欠陥のない家を作ることです。 私たちの生産プロセス、品質管理システム、安全慣行、革新的なプログラムは、私たちを真にあなたのプロの配管請負業者にします。

 

年間7,000棟もやっているのですね。

すごいです。

 

かつて日本の電機メーカー、自動車メーカーが海外へ飛び出していきグローバルメーカーに変身していったように住宅業界も大手は海外に目を向けています。

確かに日本のきめ細かい気配りがベースにある住宅は海外で売れる可能性大。

日本国内の熾烈な営業競争、コスト削減要求、厳しい法令、クレーム過多など考えると海外のほうが利益出しやすいかもしれません。

ちなみに売上50億円弱の会社ですが海外マーケットを志向して頑張っている会社を知っています。

要は少しの勇気が必要なだけと理解しています。

 

 

<不動産投資に関する意識>

健美家(株)は18日、16回目となる「不動産投資に関する意識調査」結果を発表しました。

投資用不動産の価格を1年前と比較した場合、「上昇している」が69.2%(前回調査比16.4ポイント増)となりました。「下降している」は3.3%(8.8ポイント減)、「変動はない」は27.5%(7.7ポイント減)でした。

「2021年4月以降に物件を購入したか」との問いには、「購入した」が37.7%(2.4ポイント増)と微増。コロナ禍でも購入されているようです。

購入した物件は、「戸建て賃貸」が42.1%(14.5ポイント増)と大きく増加。「現金で購入した」割合は48.2%で、過去最高となりました。

「新型コロナウイルス感染症の流行により、自身の不動産投資活動に変化はあるか」と尋ねたところ、「活動時間が増えた」「オンラインで物件を探す時間が増えた」がそれぞれ25.8%でトップに。「対面での活動が減った」21.9%、「オンラインでの情報収集や交流が増えた」20.5%と続いています。「特に変化はない」は31.8%でした。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ