<抗菌グッズが人気です!>篠原商店からのお得な情報

<抗菌グッズが人気です!>

関西にある繊維メーカーのシキボウさん。

日経産業新聞によると抗菌処理を施した生地や不織布の1月~6月の生産量が例年の20倍だったとのこと!

以前はマスクや一部医療従事者向け衣服メーカー向けへの出荷のみであった。

でも今はタオルやシーツなどの生活雑貨から作業着や外国の民族衣装までさまざまな場面で抗ウィルス加工済繊維の用途が増えています。

当該会社役員によると「抗ウィルス加工は一過性で終わらない。」との予想。

今大増産中!!

 

住宅関係者ならご存じの大建工業さんが発売しだした「抗ウィルス機能付きドアのレバーハンドル」。ハウスメーカーを筆頭に採用が相次いでいます。

人が抱える悩みを解消してあげるのが商売の神髄。

「見えないコロナへの恐怖からの安心」

「お金を多少積んでも欲しい!」と考える人は多いでしょう。

 

抗ウィルス商品をもっとアピールしましょう!

売れる工務店への近道です。

 

玄関に殺ウィルス処理性能が証明されているLEDライトを設置する企画を売り物にしている工務店が横浜にあります。

施主さん皆さん喜んでくれているらしいです。

こんなご時世ですので外出から戻ったら服は全部“洗濯機行!”というお宅が多いはず。

「自宅がクラスターにしないよう防御策は玄関で!」というのがコンセプト。

売れるわけです。

 

売ろうと思ってもなかなか売れない今。

でも社会の流れに乗ると自然と売れていきます。

<サステナブル建築物先導事業>

国土交通省は「令和2年度サステナブル建築物先導事業(省CO2先導型)」の第1回提案として、8月24日に48件を採択しました。

また同日、第2回提案募集を開始。募集部門は(1)一般部門(建築物(非住宅)、共同住宅、戸建住宅)、(2)中小規模建築部門(非住宅)、(3)LCCM住宅部門(戸建住宅)、(4)賃貸住宅トップランナー事業者部門(長屋もしくは共同住宅)の4部門です。

このプロジェクトは、省エネ・省CO2、健康、災害時の事業継続性、少子化対策等に寄与する取り組みの普及啓発を図るため、先導的な技術を導入した住宅・建築物のリーディングプロジェクト「省CO2先導プロジェクト2020」として費用などを国が補助するものです。

応募期間は10月5日まで。詳細は事務局ホームページを参照。審査の上、12月をめどに採択事業を公表する予定です。

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ