<底地購入ローンご存じでしょうか?>篠原商店からのお得な情報

<底地購入ローンご存じでしょうか?>

定期的にお伝えしている不動産担保ローンの活用法です。

上手にお客様に提案できると通常の銀行ローンが降りないケースでもプロジェクトを進めることができる可能性があるかもというお話です。

 

今回は「借地」に関しての技です。

借地権者の借地(底地)購入ローンをご存じでしょうか?

 

こんな事例を担当者の方から聴きました。

東京の品川区で借地権付き建物の売却を考えているお客様がいたそうです。

そしてたまたまおのお客様が“その土地の地主も底地売却を検討している”との情報が入りました。

信用金庫さんへ底地買収資金を融通してもらうための相談に行きましたが年齢が60歳を超えていたので断られたそう。

そこで浮かんだ手段が不動産担保融資。

借地権者が地主から底地購入に見事成功!
続いて築40年の建物を解体。

きれいに整地。

更地で周辺相場以上の価格で売却に成功!

 

高齢者の借地権者の底地購入案件は通常一般の金融機関のローンは無理。

不動産担保ローンは年齢制限がありません!

 

上手に活用して住宅販売に役立ててまいりましょう!

 

 

 

<都市特性>

森記念財団・都市戦略研究所は、「日本の都市特性評価2022」の結果を7月25日に発表しました。

総合1位は、昨年に引き続き大阪市となりました。「交通・アクセス」に加え、「経済・ビジネス」の「経済活動」面で圧倒的な強さを見せており、付加価値額、地域内総支出、昼夜間人口比率の全てで上位に。2位以下は京都市、福岡市、横浜市、名古屋市。

10位以内で「合計スコアを大幅に伸ばした都市」が浜松市(昨年総合12位→9位)で、「市民生活・福祉」における電子自治体推進度や、「育児・教育」における子供の医療費支援で大きくスコアを伸ばしました。弱みだった交通・アクセスにおいても、空港アクセス時間の短さや、自転車の利用のしやすさといった指標でスコアを伸ばしています。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ