<住宅ローン完済平均年齢73歳へ!!>篠原商店からのお得な情報

<住宅ローン完済年齢上昇!!>

日経新聞2020年10月5日版からのブログです。

記事のタイトルは「住宅ローン完済年齢上昇!平均73歳。年金生活安定せず」

現在54歳の不肖町田。

二世帯住宅で住まわせてもらっているので、おかげ様で住宅ローンは抱えずに健やかに過ごさせていただいております。

もし自分が74歳までローンを返済し続けると思ったら重圧過ぎます!

しかも74歳は”平均”です。

90歳過ぎに返し終える人だっているかもしれません。

団信”入るのでひょっとしたら少しづつ妻の料理を食べているうちに体が病んでいく心配さえしないといけないかもしれません。(冗談ですよ!)

 

記事のエッセンスは以下の感じ。

  • 完済平均年齢はここ20年で5歳アップ。
  • 2000年代前半の借り入れ平均年齢は37歳。現在は40.4歳。
  • 2000年の総融資金額は1,900万円。今は3,100万円!
  • 減少傾向著しい退職金。

 

こういった記事が出たり身近で老後破産組が頻発してくるといよいよ住宅の購買意欲減退に拍車がかかるのでは?と心配になります。

 

ここで考察!

心配、問題を取り除いてあげるのが“ショーバイ。

一瞬だけ考えた不肖町田。

  • とにかく格安住宅を作る!
  • 老後破産組が手放す住宅を安く買ってリノベして再販する!
  • 貸家併用住宅を提案する!
  • 定年後に働く環境を提供してあげる。

*ウソみたいですが千葉で実在します。

 

ホント一瞬考えただけです。

でも住宅会社としてできることがあるはずです。

 

がんばりましょう!

<循環型工務店経営>

アイジーコンサルティング(浜松市)は、危機に強い「循環型工務店経営」をテーマにオンラインセミナーを開催しています。

コロナ禍で経営環境に緊張感が増す中、自社の課題をきちんと整理して解決に向けて着手したい地場ビルダー・工務店経営者向けのセミナーです。同社の専門講師が、これまで1000社以上の工務店の経営改善に携わってきた知見をもとに、経営基盤を強化する「循環型工務店経営」について、実例を交えて解説。各回30分、定員10名。参加費無料。

セミナー参加者からは、「新築着工数の異なる事業者様の事例があり、具体的な説明が分かりやすかった」「時間がちょうどよく聞きやすかった」などの声が寄せられ好評です。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ