<住友林業さん。米国ナイトホームズ買収!>篠原商店からのお得な情報

<住友林業さん。米国ナイトホームズ買収!>

日刊木材新聞(2020年10月31日付)で本ニュースを確認。

「ナイトホームズ」って書いてあったんで「夜映える住宅?!」なんて一瞬淫靡な響きを感じてしまった不肖町田です。(苦笑)

誤:「Night Homes」

正:「Knight Homes」

騎士などと邦訳される言葉。

高貴な香りがする言葉でした。

ホントすみません。

記事のサブタイトルが「米国で1万棟体制へ」とあります。

移民の増加で人口拡大の続くUSA。

シュリンクしている日本マーケットはあくまで足掛かり。

”成長軌道は拡大するマーケットで”というのが戦略でしょう。

スゴイです。

 

ナイトホームズさんの”会社概要”です。

https://www.knighthomes.com/about/our-story/

こんな一文が。

Knight Homes has been “Presenting Home” since 1978. Brothers Perry and Scott Knight began framing houses in the late 1970’s for Northside builders and built their first new home shortly thereafter. In 1984 the Knights developed their first neighborhood in Clayton County, about twenty minutes South of the Airport. Over thirty neighborhoods and 8000 homes later Knight Homes is still presenting some of the most affordable and desirable neighborhoods in Metro Atlanta.

 

Google翻訳かけました。

ナイトホームズは1978年以来「プレゼンティングホーム」となっています。ペリー兄弟とスコットナイト兄弟は1970年代後半にノースサイドの建築業者のために家のフレーミングを開始し、その後まもなく最初の新しい家を建てました。 1984年、ナイトホームズは空港の南約20分のクレイトン郡に最初の地区を開発しました。 30以上の近所と8000の家の後、ナイトホームズはまだメトロアトランタで最も手頃で望ましい近所のいくつかを提示しています。

 

特徴面はこんな文章で描かれています。

Being a home shopper in a competitive housing market gives you a variety of housing options. Choosing the right home requires a careful comparison of community amenities, design features, architectural appeal, bang for you buck, and perhaps most importantly…quality of construction and customer service. For more than a quarter century, no other home builder in Georgia has focused more on delivering those features home shoppers demand than Knight Homes. As a family run company spanning multiple generations, Knight Homes takes a hands on approach to every detail involved in creating the home you work hard to own. Why is that important to you? Knowing the builder you choose cares enough to be certain each home is properly designed and crafted means you can be confident in buying a Knight home.

 

またググりました。

競争の激しい住宅市場でホームショッパーになることで、さまざまな住宅オプションを利用できます。 適切な家を選ぶには、コミュニティの設備、デザインの特徴、建築の魅力、価値のあるもの、そしておそらく最も重要なのは…建設の質と顧客サービスを注意深く比較する必要があります。 四半世紀以上の間、ジョージア州の他の住宅建設業者は、ナイトホームほどホームショッパーが要求するこれらの機能を提供することに焦点を合わせてきました。 何世代にもわたる家族経営の会社として、ナイトホームズはあなたが所有するために一生懸命働く家を作ることに関係するあらゆる詳細に実践的なアプローチを取ります。 なぜそれがあなたにとって重要なのですか? あなたが選ぶビルダーを知っていることは、各家が適切に設計され、細工されていることを確認するのに十分気を配っています。つまり、ナイトの家を購入することに自信を持つことができます。

 

会社の特徴をHPから追いかけますと「購入しやすさ」を目指している印象を受けます。

この移動できるバーチャル展示場をぜひみてください。

ホント欲しくなります。

 

https://my.matterport.com/show/?m=ZYB6HeEHNpk

 

アメリカの住宅はやはり大きく、夢があります。

 

住友林業さんの事業戦略からもそうですがアメリカの住宅会社の様子を時々垣間見るのも勉強になります。

              (創業メンバー  HPより抜粋)

<ZEH供給率>」

プレハブ建築協会は27日、2019年度の実績を発表しました。「住生活向上推進プラン」実績は、住宅性能表示制度の取得率が83.4%(20年度目標:85%)、賃貸住宅は5.2%(10%)でした。長期優良住宅の取得率は84%(85%)でした。

「エコアクション2020」実績は、新築戸建住宅は、注文住宅のZEH供給率が61.8%(前年度比10.4ポイント増、20年度目標:70%)と、予定通りの進捗でした。「強化外皮基準」の適合率は83.5%(前年度比6.7ポイント増)、太陽光発電の設置率は62.1%(2.4ポイント増)となりました。居住段階におけるCO2排出量は基準となる10年度からの比較で45.9%減(20年度目標:60%減)と着実に削減が進んでいます。

既存住宅は、エコリフォームによるCO2削減貢献量が前年度比22.6%減で、20年度目標の25%増の達成が困難な状況です。要因として太陽光発電の買取価格の低下による設置容量の減少などがあげられています。なお、これは既存住宅約4,750戸をZEH化したことに相当。15年度からの累計では、既存住宅3万7,549戸に相当しています。

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ