<不況になっても広告費は減らすな?!>篠原商店からのお得な情報

<不況になっても広告費は減らすな?!>

かつて全国区の住宅FC会社の経営をされていた山本章三先生

住宅会社コンサルタントです。

繰り返し言うことは「不況になっても広告費は減らすな、使い方を変えよ!」です。

 

とかく不況になって経営者がしてしまうこととして広告費削減が挙げれると言います。

 

しかし結果それは売上減=>集客減=>倒産への道と警鐘を鳴らします。

集客さえ出来ていれば企業が倒産する事はないと言い切ります。

 

ここでポイントはコロナ禍であるということ。

従来の集客方法でダメ。

新聞はおろかテレビさえ見なくなった若い世代。

確かに新聞やテレビ宣伝で今目立つのは高齢者向けCM、広告。

健康食品がホント多いです。

じゃ若い人は何を観ているのか?

ユーチュブ動画

インスタ

 

ということで今までのようにチラシやテレビ、新聞に広告を入れても効果薄。

じゃ~ネットのSEO対策をすればよいかと言えば違うという。

やっぱり“スマホ”だそう。

続きはこちらの本をご購入の上ご精読を!

 

本の絵をクリック!

 

<囲炉裏・薪ストーブ>

新型コロナウイルス感染症対策のため、第4回「囲炉裏・薪ストーブのある暮らしデザインコンテスト」募集期限を2021年12月31日に延期されます。

同コンテストでは、「いろり・薪ストーブによる ほのおのあるくらし」をテーマに、新築住宅、古民家再生等リフォームで「囲炉裏」「薪ストーブ」を導入した物件を募集。延期に伴い、対象を「2008年以降に完成、もしくは2022年春までに完成予定の物件」に変更。いろり・薪ストーブのある風景、暮らしのコンセプトのユニークさや新しさ、住宅全体のコンセプトとのマッチングが審査ポイントです。

応募は、当該物件の設計・施工時期、設計・くらしのコンセプト、平面・立面図、完成物件の写真を送付。未完成物件は、写真のかわりに囲炉裏、薪ストーブを入れた室内空間のパース図面を添付。

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ