<グーグルのウェブマスターブログ報告>篠原商店からのお得な情報

<グーグルのウェブマスターブログ報告>

シノハラグループがお世話になっているマーケティングコンサルタント浅野幸延氏

「墨付けできるマーケティングコンサルタント」として有名です。

 

2020年10月のマンスリー報告書からのお裾分けです。

閲覧が禁止されている中国を除きほぼ世界の全ての人が検索で使用しているGoogleさん。

定期的に「どのような基準で検索作業を行っているか?」を発表しています。

それが“ウェブマスターブログ”だそうです。

https://webmasters.googleblog.com/

 

世界の万人に受け入れられる仕組みを採用していることが高々と謳われています。

興味深かったのがBERTという言語解析機能。

スペルミス、同義語などはそれはそれで理解できるようになっているとのことです。

“google翻訳”のヘビーユーザーの不肖町田。

英語のスペル、タガログ語のスペルの入力してもしっかり「えっ?ひょっとしてこの単語の翻訳をご希望なのでは?」と教えてくれます!

ありがとう!BERT君。

 

以前でしたらハンコ屋がホームページを作るときに「とにかく“ハンコ”という言葉をたくさん盛り込みましょう!」なんて教えられてもの。

2020年のBERT君を有するGOOGLEは「はんこ」「ハンコ」「印」「実印」「会社印」「各印」「シャチハタ」などを同義語として理解できるようになっているとのことでした。

むしろ「ハンコ」「ハンコ」「ハンコ」と意味をなさない言葉の羅列は不審サイトとして認識されてSEO対策としては不適当との指導です。

 

要は小手先のSEO対策ではだめですよ!という時代になったということ。

全てのモノに共通ですが本物志向がますます強まっています。

 

蛇の道は蛇。

ぜひ本物のマーケッターに指導を仰いでまいりましょう!

 

もし浅野幸延氏のお話聞きたければ以下のサイトからお申し込みを!

工務店 集客の悩み

 

 

<木造大規模マンション>

三井ホーム(株)は木造の大規模中層賃貸マンション「(仮)稲城プロジェクト」(東京都稲城市、総戸数51戸)を11月に着工すると発表しました。

建設地は、京王相模原線「稲城」駅徒歩4分に立地。地上5階建て(1階が鉄筋コンクリート造、2~5階が木造)。

建物を適切に維持管理し75~90年間の耐久性能が発揮できるようにし、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高ランク)の取得を実現。気密性・断熱性も高め、同制度における省エネルギー対策等級4(最高ランク)も取得できるようにしています。壁倍率30倍の高強度耐力壁を開発・採用。従来品と比べ壁厚が約半分となり、土台や梁の本数も削減でき、パネル化により工事が短縮されます。また「高性能遮音床システムMute(ミュート)」

を採用し、鉄筋コンクリート造で求められる要求性能と同等程度の遮音性能を実現。工期の短縮、建物の軽量化にもなるようです。

同プロジェクトは「国土交通省 令和2年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」において、木造の大規模中層建築プロジェクトである点が評価され、採択されています。上棟は2021年5月、竣工は同年11月予定。

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ