<ガソリン代、電気代、ガス代爆上げだから売れる家!>篠原商店からのお得な情報

<ガソリン代、電気代、ガス代爆上げだから売れる家!>

ウクライナ戦争で世界中の人々が今光熱費アップに苦しんでいます。

電気をこまめに消しても、自動車で行くところを自転車で行くとしても、お風呂の回数を減らしても限度があります。

これだけ光熱費がアップするとなんのために働いているのか分からなくかもしれません。

「住宅を買おう!」なんて気になれないのは理解できます。

週末もガラガラの住宅展示場。

家を一棟販売するのはなんて大変なのでしょう。

 

でも例えば「新しい住宅に住替えると電気、ガス、ガソリン(EV所有の方)を買わないでよくなる!」ということならどうでしょう。

日産の軽自動車のSAKURAが激人気。

理由はガソリン代高騰。

住宅購入イコール

  • 電気支払いゼロ。
  • ガス代支払いゼロ。
  • ガソリンスタンドさんさよなら!
  • 新築で快適なデザイン、空調環境の家に転居。

 

きっと住宅購入に踏み切る人がたくさんいるはずです。

しかも通常なら20年保証しかつかない太陽光パネルも40年もの保証がつく高性能商材。

 

商品コンセプト、地域マーケティング方法など無料でご紹介するセミナーを開催すると某FC本部より連絡をもらいました。

参考のために不肖町田も参加いたします。

しかもオンラインと来ているので事務所のPCをオンにするだけでエネルギーコスト爆騰の2022年を乗り切るヒントを学べます。

ぜひご視聴だけでもされることをお勧めいたします!

 

9月27日(火)午後2時00分~3時30分まで

*ZOOMです

 

ご希望者は篠原商店の申し込み枠までお願いします。

会社名、氏名、電話番号、メールアドレスを記入してクリックするだけです!

 

皆様の地域の光熱費高騰に悩む住人にぜひこんな住宅を造ってあげてください!

 

申し込みはこちらのフォームから!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdVBEnK8WhKBkWy8fdx3KOY5z-4Q5ko3wuxcznM7_Px2oGa3Q/viewform

 

 

<耐震補強工事>

日本木造住宅耐震補強事業者共同組合(木耐協)は1日、同協会で実施したアンケート調査から、診断後の耐震補強工事の実施率に関するデータを公表しました。

診断後に耐震補強工事を実施したのは、全体の34.41%でした。年ごとに実施率は、おしなべて30%超となりましたが、17年は45.70%、19年は38.10%と、それぞれ前年(16年:35.65%、18年:33.62%)と比べて大きく実施率が上がっています。その要因として、16年には熊本地震、18年には大阪府北部地震と北海道胆振東部地震が発生、耐震化への意識が向上しています。

 

 

 

 

体育館、保育園、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ