<カリフォルニア州ではソーラーパネル義務化!>篠原商店からのお得な情報

<カリフォルニア州でとうとうすべての新築住宅に太陽光パネルが義務化へ!>

とうとうアメリカ・カリフォルニア州ではすべての新築住宅に太陽光パネル設置が義務化されることとなりました。

トランプさんはともかくアメリカをはじめ世界のすべての人が化石燃料からの離脱を目指していることが明確になりました!

今ここ日本では太陽光パネルはややトーンダウンしている気がします。

というか当たり前になってきてしまったのでしょうか?

でも“基本100%設置”というところまではきていないことは確か。

EV(電気自動車)、ZEHなど住宅業界とも密接なキーワードではあります。

 

行政が強制力をもって推進するなんて思い切った政策。

世界の潮流は必ず日本にもやってきます。

ソーラーパネル、ZEH。

将来を見据えて住宅販売をしてまいりましょう!

代表的アメリカ経済ニュース・ブルームバーグの記事(原文)とグーグル翻訳そのまんまを以下に記します。

 

 

California just sent the clearest signal yet that rooftop power is moving beyond a niche market and becoming the norm.

On Wednesday, the Golden State became the first in the U.S. to require solar panels on almost all new homes. Most new units built after Jan. 1, 2020, will be required to include solar systems as part of the standards adopted by the California Energy Commission. While that’s a boost for the solar industry, critics warned that it will also drive up the cost of buying a house by almost $10,000. Solar shares surged on the decision. Homebuilders fell.

The move underscores how rooftop solar, once a luxury reserved for wealthy, green-leaning homeowners, is becoming a mainstream energy source, with California — the nation’s largest solar market — paving the way. The state has long been at the vanguard of progressive energy policies, from setting energy-efficiency standards for appliances to instituting an economy-wide program to curb greenhouse gases. The housing mandate is part of Governor Jerry Brown’s effort to slash carbon emissions by 40 percent by 2030, and offers up a playbook for other states to follow.

“This is massive,” said Morten Lund, chair of an energy storage initiative at law firm Stoel Rives LLP. “Essentially, this could turn residential solar into an appliance, like a water heater. There has always been a certain inevitability about that outcome, but this is moving faster than most of us thought likely.”

Perhaps the biggest winner will be San Francisco-based Sunrun Inc., the largest U.S. residential-solar installer. Oppenheimer & Co. raised its price target Thursday for the company to $12, from $10. “We see Sunrun as the biggest beneficiary considering its entrenched position in the state,” Sophie Karp, a New York-based analyst at Guggenheim, said in a research note.

Sunrun rose as much as 15 percent to $11.34 Thursday, the most intraday since November 2016. First Solar Inc., a U.S. panel manufacturer, gained as much as 6.3 percent. KB Home, which has significant exposure to the California market, fell as much as 1.7 percent.

 

The U.S. had 10.4 gigawatts of residential solar power at the end of last year, up more than sixfold from five years earlier. The industry started slowing in 2017 amid policy changes and efforts by some companies to shift their strategies.

“Adoption of these standards represents a quantum leap in statewide building standards,” Bob Raymer, senior engineer of the California Building Industry Association, said during the meeting before the vote. “You can bet the other 49 states will be watching closely what happens.”

Tesla Inc.’s Francesca Wahl, senior associate of business development and policy, was among the company representatives to back the mandate at the meeting Wednesday, and expressed support for provisions that will also promote wider use of energy storage systems.

California’s solar policy will exacerbate another critical issue in the most populous state, where high housing costs are seen as a drag on the economy that also contributes to rising social tensions.

“With home prices having risen as much as they have, I think home buyers would find it a little distasteful to be forced to pay more for solar systems that they may not want or feel like they can’t afford,” said Brent Anderson, a spokesman for homebuilder Meritage Homes Corp. “Even though, in the long term, it’s the right answer.”

 

California’s economy added 2.3 million jobs over the past five years. Over the same period, the state issued permits for fewer than 480,000 new residential units, or about one home for every five additional workers.

The new policy applies to single-family houses and multifamily units that are three stories or less, and there are some exceptions for homes that are too shady. Homebuilders will probably try to pass on the costs to customers, Carl Reichardt, a San Francisco-based analyst for BTIG LLC, said in a phone interview before the vote.

Big homebuilders like KB Home and Meritage have an advantage because they’ve been offering solar homes for years. Smaller builders will have a harder time managing the new requirements, he said.

Installing a solar system and complying with other energy-efficiency measures required will add about $9,500 to the cost of a new home, according the the California Energy Commission. That would be offset by about $19,000 in expected energy and maintenance savings over 30 years, the commission estimates.

‘Admirable But Misguided’

Bloomberg New Energy Finance analyst Colleen Regan described California’s decision as “admirable but misguided.” The standard isn’t the best way to curb the state’s greenhouse-gas emissions and could exacerbatethe steep ramp-up in solar power production that California’s grid operator is already grappling with at midday.

“It’s also a policy that very clearly is picking winners, and California would be better off focusing its efforts on the real source of the problem — greenhouse gases — rather than favoring one zero-emissions technology over others,” Regan said.

The energy commission meanwhile said the standards would cut greenhouse-gas emissions tied to home energy use while saving residents money over time. The California Building Standards Commission will need to adopt the rules as a formality.

Lynn Jurich, Sunrun’s chief executive officer, praised the decision, describing it as “a vote of confidence that these assets create value for the whole energy system.”

Jurich said in an interview that the standard is an opportunity for Sunrun, which offers solar leasing. With no-money-down solar service agreements, there aren’t additional costs to a builder, she said. “We are well-positioned to serve that market.”

Solar Demand

The state adds about 80,000 new homes a year, and the California Solar & Storage Association estimates that about 15,000 include solar power. The Energy Commission says that the average home system uses 2.5 kilowatts to 4 kilowatts of panels, so the additional 65,000 new systems would add as much as 260 megawatts of annual demand in the state — about the size of one large solar farm.

SunPower Corp. expects the rule will increase demand for residential solar in the state by about 50 percent. The San Jose, California-based company makes panels and develops solar systems ranging from rooftops to large, utility-scale power plants.

It’s unclear how much major solar installers like Sunrun and Vivint Solar Inc. will benefit, said Joe Osha, a San Francisco-based analyst at JMP Securities. They typically target existing homeowners rather than companies building new homes.

“Your initial reaction is: ‘Oh, that’s great for the solar company,’” he said. “But their business is about acquiring individual customers. If you’re working with homebuilders, it’s a completely different thing.”

Some of the world’s largest solar-equipment manufacturers in Asia stand to gain in the long-run. President Donald Trump slapped tariffs on solar equipment imported into the U.S. in January, and that could mute some short-term gains.

But those tariffs phase out after four years, and “if you’re being forced to install something that you may not want, you’re going to go the cheapest route,” said Hugh Bromley, a Bloomberg New Energy Finance analyst. “And that’s likely to be equipment imported from Asia.”

— With assistance by Chris Martin, Noah Buhayar, and Patrick Clark

カリフォルニアは今でも最も明確なシグナルを送りましたが、屋上の電力はニッチ市場を超えて標準になっています。 水曜日、ゴールデン州は、ほとんどすべての新しい家庭でソーラーパネルを要求する米国で初めてとなりました。 2020年1月1日以降に建設されるほとんどの新しいユニットには、カリフォルニアエネルギー委員会が採択した基準の一部として太陽光システムを組み込む必要があります。これは太陽光産業にとっては好調であるが、批評家は、家を1万ドル近く買うコストを引き上げると警告した。ソーシャル株は決定に拍車をかけた。住宅建設業者は落ちた。 この動きは、裕福な住宅所有者のために確保された豪華な屋根が、カリフォルニア最大の太陽光発電市場である主流のエネルギー源となっていることを示しています。州は、家電製品のエネルギー効率基準を設定することから、温室効果ガスを抑制する経済全体のプログラムを導入することに至るまで、進歩的なエネルギー政策の先駆けであった。住宅義務は、ジェリー・ブラウン知事の2030年までに炭素排出量を40%削減する努力の一環であり、他の州が追随するためのプレイブックを提供している。 法律事務所のStoel Rives LLPのエネルギー貯蔵イニシアティブの議長であるMorten Lundは、「これは大規模なものです。 「本質的に、これは家庭用太陽光を給湯器のような電気器具に変える可能性がある。その結果についてはいつも必然的に避けられない

ことがありましたが、これは私たちのほとんどが思っていたより速く動いています。

サンフランシスコを拠点とする最大規模の米国住宅用太陽光発電事業者であるサンラン社が、最大の優勝者になるだろう。オッペンハイマー&カンパニーは木曜日、同社の目標価格を10ドルから12ドルに引き上げた。グーゲンハイムのニューヨークに本拠を置くアナリスト、ソフィー・カルフ氏は、「サンルーンは、州内での地位を考慮して最大の受益者だ」と述べた。 Sunrunは2016年11月以来の日中最高値であった木曜日11.34ドルまで15%も上昇した。米国のパネルメーカーであるFirst Solar Inc.は6.3%も増えた。カリフォルニア市場への大幅なエクスポージャーを持つKBホームは、1.7%も減少しました。 米国の去年の住宅太陽光発電量は10.4ギガワットで、5年前の6倍以上に増加しました。業界は、政策変更やいくつかの企業の戦略転換の中で、2017年に減速し始めた。 「カリフォルニア州建築産業協会(California Building Industry Association)のシニアエンジニア、ボブ・レイマー(Bob Raymer)氏は、投票前の会議で「これらの基準を採用することは、州全体の建築基準の飛躍的な進歩を意味する。 「他の49州が何が起こっているかを注意深く見守ることができるだろう」 テスラ社のFrancesca Wahl(事業開発と政策担当上級副会長)は、水曜日の会合で委任を取り消す企業代表の一員であり、エネルギー貯蔵システムの普及を促進する規定も支持した。 カリフォルニアの太陽政策は、住宅価格の高騰が社会的緊張の上昇に寄与する経済への牽引として見られる最も人口の多い州で、別の重大な問題を悪化させるであろう。 「住宅価格が上昇しているため、住宅購入者は、太陽光発電システムのために余裕を持って余裕がないと気付くだろうと思う」と、住宅建設業者Meritage Homes Corp.のスポークスマン。「長期的には正しい答えだ」

カリフォルニア経済は過去5年間で230万人の雇用を増やしました。同じ期間に、州は、48万台未満の新しい居住用ユニット、または追加の5人の従業員1人につき約1軒の家賃を許可した。

この新しい方針は、3階建ての戸建て住宅と複数世帯のユニットに適用され、あまりにも陰影のある家庭にはいくつかの例外があります。ホームビルダーはおそらく顧客にコストを渡そうとしていると、サンフランシスコのBTIG LLCのアナリスト、Carl Reichardtは投票前の電話インタビューで語った。

KB HomeやMeritageのような大きな住宅メーカーは長年にわたって太陽の家を提供してきたため、優位性があります。小規模のビルダーは、新しい要件を管理するのに苦労するだろう、と彼は言った。

カリフォルニア州エネルギー委員会によれば、ソーラーシステムを設置し、他のエネルギー効率対策を遵守することは、新しい家庭の費用に約9,500ドルを追加することになります。委員会の見積もりによれば、30年間で約19,000ドルのエネルギーと維持費の削減が見込まれます。

「賞賛に値するが誤った」

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンシャルのアナリスト、コリーン・リーガン氏は、カリフォルニア州の判断を「賞賛に値するが誤解を招いている」と説明した。この基準は州の温室効果ガス排出を抑制する最善の方法ではなく、正午に闘う。

Regan氏は、「これはまた、優勝者を選ぶ政策でもあり、カリフォルニアは他の人よりもゼロエミッション技術を優先するのではなく、温室効果ガス(温室効果ガス)の問題の本当の原因に取り組む方が良い」と述べた。

一方、エネルギー委員会は、この基準は、家庭のエネルギー使用に関連する温室効果ガスの排出を削減し、住民の経費を節約すると述べた。カリフォルニア建築基準委員会は規則を形式として採用する必要があります。

Sunrunの最高経営責任者(CEO)のLynn Jurichは、この資産が「エネルギーシステム全体にとって価値を生み出すという自信を持って投票する」と賞賛した。

Jurich氏はインタビューで、この基準はソーラーリースを提供するSunrunの機会であると述べた。マネー・ダウン・ソーラー・サービス契約がないため、ビルダーに追加の費用はかからない、と彼女は述べた。 「我々はその市場に対応する立場にある」と語った。

ソーラー需要

カリフォルニア州ソーラー&ストレージ協会では、約15,000件に太陽光発電が含まれていると推定しています。エネルギー委員会は、平均的な家庭システムは2.5キロワットから4キロワットのパネルを使用しているため、65,000台の新システムを追加すると、1つの大きなソーラーファームの規模の約260メガワットの年間需要が追加されることになります。 SunPower Corp.は、この規則が州内の住宅太陽光の需要を約50%増加させると予想している。カリフォルニア州サンノゼに本社を置く同社は、屋上から大規模で実用規模の発電所まで、パネルを作り、太陽光システムを開発しています。 JMP証券のアナリスト、ジョー・オシャは、SunrunとVivint Solar Inc.のような主要な太陽光発電設備がどのくらい利益を上げるかは不明だと語った。彼らは通常、新しい家を建てる会社ではなく、既存の住宅所有者をターゲットにしています。 「あなたの最初の反応は、「ああ、ソーラー企業にとっては素晴らしいことだ」と彼は言った。しかし、彼らのビジネスは個々の顧客を獲得することです。住宅建設業者と仕事をしているならば、それはまったく別のものです」 アジアの世界最大の太陽光機器メーカーの中には、長期的には利益を得るものがあります。ドナルド・トランプ大統領は、1月に米国に輸入された太陽光機器の関税を打ち負かし、短期的な利益を消音する可能性がある。 ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスのアナリスト、ヒュー・ブロムリー氏は、「これらの関税は4年後に段階的に廃止され、もしあなたが望んでいないものをインストールすることになっているなら、 「それは、アジアから輸入される機器である可能性が高い」 – Chris Martin、Noah Buhayar、Patrick Clarkによる支援を得て

ニュース番組動画!

https://www.youtube.com/watch?v=TrB6rSgRxcM&feature=youtu.be

                                              ダウンロード

<生産性向上>

「生産性向上チャレンジ工事」が国土交通省により試行されます。

これは、現場の創意工夫を促し、生産性向上につながるとされています。2018年度、各地場整備局で10件以上行われる予定です。

生産性向上チャレンジ工事とは(1)発注時、試行対象工事であることが入札説明書に明記されます。受注者は生産性向上につながる取り組みを発注者に提案し、施工計画書に明記します。施工手順の工夫、既存技術の組み合わせなどの創意工夫が求められます。

(2)完了検査までに実施内容や効果を報告します。効果が見られた場合は、工事成績評定により次回の入札に反映されます。ただし、効果が見られない場合でも減点はされません。

日本の生産性は先進国最下位といわれています。加えて、人口減少や働き方の変化により、ますます生産性の向上が求められています。現場から生産性の向上を目指す、この取り組みに、期待が持たれています。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件の篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ