【”Z空調”全国の工務店へ外販へ!】篠原商店からのお得な情報

<Z空調を外販へ!>

24時間換気システム“Z空調”で絶好調なのがヒノキヤHDさん。(1413)

IRにて「Z空調システム」の外販を始めることを発表。

興味深いニュースです。

 

12月決算のヒノキヤさん。

今期末で1,180億円の売上を予定しています。

12.3%以上の昨対アップ。

 

Z空調が業績アップの後押しをしていることに間違いはありません。

 

虎の子の “Z空調”。

株式会社日本ハウジングソリューションという会社を先月設立。

住宅FC本部となる会社です。

目玉はもちろん“Z空調”。

 

加盟店となるとZ空調のノウハウ伝授。

看板、旗、パンフレットなどZ空調ブランド試用可。

 

加盟に関心がある工務店多数応募されることが予想されています。

 

ノウハウ販売は一度システムを構築してしまえばある意味元手がかからないビジネス。

商売上手な近藤社長。

詳細はまだですが少なくとも売上アップはもちろん収益向上に資するプロジェクトであることは間違いありません。

 

お金儲けの上手な会社は違います。

 

日本ハウジングソリューションズのIR資料はこちら!

https://www.hinokiya-group.jp/ir/wp-content/uploads/2018/09/20180918.pdf

 

                                     Lounge-Wall-Multi-Twin-Split-Heating

 

 

<無料でシェアハウス提供?!>少子高齢化が進む茨城県守谷市みずき野地区で、市が空き家を借り上げ、大学生にシェアハウスとして無償で提供しているようです。入居条件は、地域活動への参加。学生らは花見や夏祭りなどを通して住民と交流を行います。町内会は「若者のフレッシュな感覚がまちづくりの刺激になる」と歓迎しているそう。

「シェアハウスを提供すれば、若者を呼び込めるのでは」と、市は若者の定住促進を図るプロジェクトを企画。4LDKの戸建て住宅3棟を借り上げて学生を募集し、2016年11月から事業を開始しました。家賃を市が負担する代わりに地域活動に参加することが条件で、現在は筑波大生6人と流通経済大、法政大の学生計8人が暮らしていると言います。

プロジェクトは来春までの3年間。地元から継続を求める声が上がっており、大学院に進む予定の学生も「これからも住み続けたい」と願う。市は現在、事業を継続するかどうか検討中です。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ