【TOTOさん頑張っています!】篠原商店からのお得な情報

<TOTOさん頑張っています!>

トイレ、水周り商品でお世話になっているTOTOさん。

とっても堅調です!

IR資料から追いかけてみましょう。

 

TOTOさんは12月決算。

分かり易いです。

でも経理担当者はお正月はあるし、2月は短いしで決算作業大変でしょうね~~。

 

<売上>

  • 2015年  5,678億円
  • 2016年  5,738億円

 

<経常利益>

  • 2015年  467億円
  • 2016年  493億円

 

どの事業を伸ばしたのかを考察しましょう。

金額は無視して伸び率のみに着目!

 

  • 国内リフォーム  0%
  • 国内新築      3%
  • 中国        1%
  • アジア       0%
  • 米州        0%
  • 欧州       -4%

 

予想に反して国内新築が良かった!ということでしょうか??

 

実は裏側には為替事情が潜んでいました。

2015年と比べて2016年は円高が進みました。

よって円ベースに換算するとあまり海外で稼いでいない!ということになってしまったのです。

 

<現地通貨ベースでの伸び率>

  • 中国        11%
  • アジア       4%
  • 米州        4%
  • 欧州         3%

 

 

さすがTOTOウォシュレットの商品力!

売れてますね。

実際中国でのウォシュレットの中国での出荷伸び率は47%アップです。

 

TOTOさんの営業マンがうらやましい!

良い商品を創る大切さが良く分かる事例。

 

見倣いたいです。

 

                  

                (本の写真をクリック!)

                 *ちょっと古い本ですが、、、。

<消費者心理調査>

(一社)日本リサーチ総合研究所はこのほど、消費者心理調査(CSI)結果を公表しました。

それによると、消費者の景気、雇用、収入、物価等に対する見通しの変化を反映した消費者心理の総合指標ともいうべき生活不安度指数は124で、前回調査時点(17年2月)と横ばいでした。

16年6月(128)からは6調査連続で130を下回っています。

生活不安度指数のもととなる今後1年間の暮らし向きの見通しは「良くなる」8.7%、「変わらない」58.4%、「悪くなる」25.2%。「良くなる」はわずかではあるが2調査ぶりに上昇しました。

一方「悪くなる」はわずかに低下し、2調査連続でのマイナスとなりました。

今後1年間、商品等を購入するのに「良いとき」か「悪いとき」かについて聞いた購買態度指数は、2月比で「不動産」(105→99)「自動車」(101→97)」が悪化しています。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ