【IR資料。タマホームさん。】篠原商店からのお得な情報

<IR資料。タマホームさん。>

IR資料を眺めることがある意味趣味みたいな不肖町田。

特に軸組工法を牽引してくれているタマホームさんの行末には特に関心を引き起こされます。

一言で言って絶好調。

第一四半期資料からの数字は以下の通り。

 

<引き渡し棟数(3ヵ月間)>

  • 1,986棟(昨年対比4割アップ)

*注文住宅売上365億円(同じく4割アップ)

 

業績は“上場来過去最高!”だそうです。

 

以下の第一四半期のIR資料からでした。

 

https://www.tamahome.jp/company/ir/upload_file/m005-m005_02/tamahome_3_202005_1Qsetsumeishiryo.pdf?e=304

私たちと同じ土俵で戦うタマホームさん。

頑張りましょう!

 

タマさん関連でももう一つ気になる部分はここ!

第二順位の株主としてヤマダ電機さんが約5%弱を保有しています。

株数は1,491,000株。

2019年11月1日の終値は1,848円(100株)。

1,491,000株÷100株X1,848円=261,171,000円

ヤマダさんはコツコツ買い増していったのでしょう。

意図はよく分かりませんが株で儲けるというよりは事業のシナジーを狙っていることは明らか。

 

大人の思惑がうごめいている様子。

https://www.tamahome.jp/company/ir/stock_bond/stock_bond_04.html

<不動産価格指数>

国土交通省は30日、不動産価格指数2019年7月分(住宅)および第2四半期分(商業用不動産)を発表しました。指数は、10年の平均を100としています。

同月の住宅総合指数は113.6(前年同月比0.7%上昇)と56ヵ月連続の上昇。住宅地は101.8(同2.5%下落)、戸建住宅は101.3(同1.1%下落)となりました。

都市圏別では、南関東圏の住宅総合が117.1(同1.7%上昇)、住宅地108.9(同0.5%上昇)、戸建住宅100.5(同1.6%下落)。名古屋圏は110.9(同4.5%上昇)、住宅地104.1(同4.2%上昇)、戸建住宅103.2(同1.7%上昇)。京阪神圏の住宅総合が116.8(同2.0%下落)、住宅地106.6(同3.9%下落)、戸建住宅101.3(同3.2%下落)となりました。

東京都の住宅総合は126.5(同1.8%上昇)、住宅地119.4(同1.6%上昇)、戸建住宅105.4(同1.7%下落)となりました。

一方、商業用不動産の不動産総合指数は122.3(同0.8%下落)でした。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ