【EZ-BIKEでラクチン!】篠原商店からのお得な情報

<ユニークな電動バイク?!>

不肖町田の自宅そばの自転車屋さん。

派手なシャツ着たお兄さんが一人でやっている昔からある普通の街の自転車屋さん。

商店街の八百屋さん、魚屋さんが次々とシャッターを閉めていくのに対して案外羽振りが良さげ。

パンク修理に行った時に秘密を垣間見れました。

超売れ筋商品があるのです。

それは“電動自転車”!

お年寄りたちが集まるお茶のみへ出かけて行ってはしきりに電動自転車を猛烈アピール。

ミラやタントといった軽自動車で自由自在に動き回っていた郊外のお年寄りたち。

今更足こぎ自転車に戻る気はサラサラありません。

人間一度ラクを知ってしまったらそれはもう禁断の木の実。

ましてや全国的にお年寄りの自動車免許返納の嵐が吹き荒ぶ昨今。

「自分だけは事故なんか起こすものか」と思いながらちょっぴり心配。

隣の家のトミさんも、向こうの家のチヨさんもみんな買って便利そうな電動自転車。

「なんだか便利そう。」

息子夫婦に「もう車乗るんじゃね!」と毎日迫られているなら少し高価な電動自転車なんて全然射程圏内。

次々から次へと電動自転車が売れていく構図。

 

街の自転車屋さんの救世主電動自転車。

既存の足こぎ自転車に後付けで取り付け可能なものが売り出されます。

その名はEZ-BIKE。

しかも安い!

理由は電動ドリルを利用したから!?

5万円しません。

時速64キロで走行可能。

とにかく動画を観てください!

 

https://www.kickstarter.com/projects/1634576606/ez-bike-convert-your-bike-into-an-e-bike-within-minutes?lang=ja

 

まるっきり新しい商品を高額で販売するのは大変なこと。(うちのそばのS自転車屋さんは別ですけど、、。)

でも既存商品にアタッチして性能アップできる少額商品は狙い目。

住宅の販売にも通じる原則だと思うのです。

世の中にまるっきり新しい商品なんてありません。

全て何かと何かの組み合わせ。

チャレンジしてまいりましょう!

<遠隔監視市場>

総合マーケティングビジネスの富士経済(東京都中央区)は7月9日、人手不足など社会問題の解決・改善策として注目されるリモートモニタリング(遠隔監視)の国内市場についての調査結果をまとめた「2019年版リモートモニタリング関連技術・市場の現状と将来展望」を発表しました。

住居分野(住宅設備、家電、住宅建材/エクステリア、ホームセキュリティサービス、ウォーターサーバー、宅配ボックス)のリモートモニタリング有償サービス市場規模は、2018年に前年比4.6%増の1251億円、2030年には2017年比54.6%増の1852億円に拡大すると予測しています。

同調査によると、住居分野はホームセキュリティサービスを中心に市場が展開されます。IoT進展により大量のデータ収集が可能となることから、家庭向けサービスの展開を検討するプレーヤーも多く、有償サービスに加えて無償サービスの展開が期待されています。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

このページの先頭へ