【BESSの家やっているアールシーコアさん(7837)好調!】篠原商店からのお得な情報

<ベスの家やっているアールシーコアさん(7837)絶好調!>

不肖町田の周りで増殖中のキャンパー。

自宅の庭でテント張って寝ているツワモノさえいます。

家の中の快適なベッドで寝た方が疲れが取れるというもの。

理解不能です。

スノーピーク社が大人気。

そんなテイストを持つ人たちから圧倒的支持を受けているのがベスの家。

企画はアールシーコアさんです。

 

3月決算。

平成29年4月~12月までの数字がIR資料に出ています。(9か月ベース)

 

  • 売上  95億円
  • 経常利益 1億円

 

万人にウケルデザインではありません。

でも熱狂的な信者がいることが数字に表れています。

 

IR資料メッセージは独特。

以下そのまま抜粋。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当社におきましては、当連結会計年度より、新たな中期経営計画「“業界最狂、ハ ピネス拡散”中期3ヵ年計画」を始動しました。当社は、BESS事業をスタートさせて以来、ユーザー視点 に立脚した経営に取り組み、住宅業界の常識に挑戦してきました。このような業界の「異端」とも言える姿勢 を更に進化させる意味で、“最狂”を掲げました。“最狂”には、当社が理想とする「“狂”狷の道」(注) を進んでいくことで、多くの熱“狂”的と言えるほどのBESSファンに満足していただき、そのファンとと もに大きく成長していきたいという思いを込めました。 新たな中期経営計画のもと、BESSのブランドミッションである「ユーザー・ハピネス」の更なる浸透を 目指し、最終年度の2020年3月期において連結売上高200億円、営業利益率8%、ROE18%の達成に向けて、邁 進しています。

 (注)狂狷(きょうけん):孔子の「論語」に由来し、狂者は進取の精神に富むいわば理想主義者、狷者は「で きることでもやらないことがある」という強い信念の持ち主を意味し、当社では、理想を追い続け、意志 を曲げないことを指しています

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

狂狷の“狷”という字。

ワードのフォントでまともに出てきません!!

孔子のありがたいお言葉からもしれまん。

でもIR資料に出現する字でないことは間違いありません。

 

BESSの中期経営計画の重点戦略の一つ「BESSファンが集う“触媒力”拡大」。

グーグルには“触媒”の意味が載っています。

「化学反応の際に、それ自身は変化せず、他の物質の反応速度に影響する働きをする物質。」

“BESSという家の持つ価値は不動。でもそこに住まう人、集まる人を変化させる家。それがBESS”

こんな意味と町田は捉えました。

 

IR資料に出てくる造語の数々。

“ふもとぐらし”

“いい加減な家”

“最狂”

 

新しいコンセプトを掲げるアールシーコアの経営陣の言葉は常に斬新で革新的。

 

新しい生き方をたまたま表現する手段が“住宅”だった。

それだけだったのでしょう。

 

ユニーク過ぎます。

IR資料はこちら

http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2641230&code=7837&ln=ja&disp=simple

                images

<松江城天守閣工事>

鳥取県松江市は、国宝・松江城天守の耐震補強工事基本計画案をまとめました。

松江市では、平成12年の鳥取県西部地震で震度5弱を観測し、松江城天守は外壁や柱、梁(はり)などに亀裂が多数生じました。その後実施した耐震診断では、天守の3、5階の耐震性能がやや不足と指摘されました。

これを受け、耐震補強対策計画案では、天守の耐力壁として3階に木格子を、5階に鋼製枠をそれぞれ設置。さらに5階に鋼製の筋交いを取り付けることになりました。また、付櫓の補強策として、中央の大きな梁の脱落を防止するため、独立した木製の柱を設置します。

30年度に設計、着工し、31年7月末までの工期を設定。総事業費として約3760万円を見込んでいます。一方、天守や付櫓の石垣については定期的に測量を行い、石垣修理の時期を検討することにしています。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ