【非住宅のデザイン考察!】篠原商店からのお得な情報

<非住宅建物のデザイン!>

シノハラグループが今特に力を入れているのが中大規模木造建築物。

“WOOD FIRST”の世界的ムーブメントになんとか乗っていきたいトコロ。

ぜひ一緒に行きましょう!

 

きたる4月20日(金)に“CASUAL感覚の非住宅建物”と題してシノハラグループ顧問の實成氏主宰の“木構造テラス”がセミナーを開催予定。

意匠デザイン」「環境デザイン」「構造デザイン」という3部構成。

鉄骨、RCと違い“木”の味わいを出してこそ“木構造”の良さがアピールできるというもの。

設計の学校、従前の設計環境においては鉄骨、鉄筋コンクリート設計にはなじみが深かったと思います。

中大規模木造建築物だと二の足を踏んでしまう意匠、構造設計担当の方々が少なくないと想像。

特別な知見がなくても突破可能!と實成氏は豪語します。

2030年に向けて縮小が見込まれる一般住宅マーケット。

かたやアメリカ西海岸、ヨーロッパ発信の木造大型建築。

拡大基調。

 

頑張りましょう!

セミナーURLはこちら!
http://www.t-e-terrace.com/seminar/1250.html

          0420wood-326x245

<消費者心理調査>

日本リサーチ総合研究所は、2018年2月の消費者心理調査結果を発表しました。

それによると消費者の景気、雇用、収入物価等に対する見通しの変化を反映した生活不安度指数は120となり、前回調査(12月)の116からやや上昇しています。暮らし向きの見通しが「良くなる」との回答が9.8%と再び1割を割ったことが要因です。

国内の景気見通し指数は80で、前回の76からプラスとなっています。

上昇は3調査連続で、3年8ヵ月ぶりの水準を回復しました。雇用の先行きは「不安」(56.4%)がわずかに低下しました。「不安なし」(39.5%)もわずかに上昇し、2調査連続のプラスとなっています。

今後1年間の購買態度指数は、「不動産」(96→102)、「自動車」(101→102)、「耐久財」(109→110)でした。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ