【集客好調!BESSさん】篠原商店からのお得な情報

<集客好調!BESSさん。>

アウトドア嗜好者のあこがれの的。

代官山のBESSの展示場の脇を車で通過するたび「高原のレストエリア」っぽいステキな雰囲気に浸るのは皆さま共通の感覚ではないでしょうか。

BESSは商標。

運営会社はアールシーコアさん(7837)

IR資料3ページの中段に注目。

全国のBESSへの新規来場客数が前年同期14%アップとのニュース。

集客は売上の先行指標。

今後が楽しみです。

 

しかしながら今期の決算は前年比マイナスでした。

 

<売上>

2018年3月期   135億円

2019年3月期   124億円

前年対比8%ダウン。

 

<営業利益>

2018年3月期   135億円

2019年3月期   124億円

31%ダウン。

 

売上・利益のダウンの理由は以下の通り。

  • 建設工事長期化。
  • カナダ山火事の影響による部材納期の遅延。
  • 一つの大きな販売会社(加盟店)がBESSと関係ない事業で倒産。
  • BESS多摩オープンに関わる先行費用。

 

理由がはっきりしていてよい兆しがあれば投資家は安心。

株価も1,000円の下あたりでしっかり踏ん張っています。

 

住宅営業はミズモノ。

うちの会社も同じ。

なんとか安定収入の柱が欲しいところです。

IR資料はこちら!

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7837/tdnet/1703716/00.pdf

<人生100年時代>

国土交通省は「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」の提案募集を開始しました。ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応し、高齢者・障害者・子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、モデル的な取り組みを行なう民間事業者を公募し、先導性が認められた事業を支援します。
応募要件は、高齢者等の居住の安定確保および健康の維持・増進に資する住まいづくり・まちづくりの推進の事業成果に関する情報を公開するもの。

対象事業は、(1)課題設定型、(2)事業者提案型、(3)事業育成型の3事業。(1)は「多様な世帯の互助を促進する地域交流拠点の整備」など5つの事業テーマです。(2)は事業者が事業テーマを提案して行なう先導的な取り組みへの支援を行なう事業、(3)は(1)(2)の事業化に向けた、調査・検討を支援する事業です。

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ