【金融庁発表。老後は2,000万円の貯金必要!】篠原商店からのお得な情報

<金融庁発表「老後は2,000万円必要!」>

金融庁が最近発表した数字。

寿命が100年に伸びたので老後のたくわえが2,000万円は必要との発表が金融庁よりなされています。

麻生大臣の動画をアップしました。

 

「今後は自助努力をしてそれぞれで頑張って生きていってください!」

こんなメッセージ。

少し不安にもなります。

 

自分の人生を自分が建てた家のベッドの上で終えられるのならそれはそれでしあわせでしょう。

でもなかなか介護の問題等勃発するとそうともいかないのが老化の悲しいところ。

子供だって今は「僕が面倒みるよ!」と言ってはくれますがどこまでアテにできるでしょうか?

疑問。

 

受給年金・金額範囲内で住い、食事が用意してもらえるならそれはハッピーです。

実はあるんです!

そんなプランを提供している介護施設が。

月額9万5千円で入居できます。(食費込み)

設計ノウハウ、ローコスト運営ノウハウ、ITを活用した少人数体制などなど工夫のオンパレード。

充実自立支援プランも完備。

一度はお世話になった介護施設から元気になって自分の家に戻るご老人の方々がたくさんいます。

 

こんな施設を運営サポートしてくれる会社があります。

工務店が多数この事業に参画中!

 

  • 住宅着工は今後減少の一途。
  • 2025年には団塊の世代向け介護施設が13万人分不足する予想。

 

なんと横浜市役所からは生活保護者となっている老人の方のご紹介すらあります。

 

自社(工務店)で運営するもよし。

運営希望者を本部に紹介してもらい箱建設・リースで大家業を営むもよし。

 

現業の建設を活かして老人介護ビジネスへの参入は十人十色で可能。

 

6月19日(水)13時より横浜で説明会が開催されます。

参加ご希望の方はぜひ「6月19日介護ビジネス参入説明会参加希望!」とメールで町田までサクッと送ってください。

資料をすぐにご返信申し上げます。

 

麻生大臣の動画

https://www.youtube.com/watch?v=JTuOqhTHp6c

 

 

*追記

昨日の「耐震性、耐久性、省エネ性のどれを一番重視しているか?」のアンケート結果です。

一番耐震性で55%。

2番3番はそれぞれ耐久性、省エネでした。

耐震性能等級3のサポートはぜひ篠原商店にお任せください。

<コンプライアンス>

不動産流通推進センターは、フォローアップ研修・特別編「不動産流通の促進に求められる職業倫理・ コンプライアンスのあり方」を開催し、41人が参加しました。

当センターは業界の信頼性向上、 ステータスアップのためにベースとなる「コンプライアンス」の理解と普及に尽力しています。

単に法令遵守に止まらない「コンプライアンス」について、 より深く理解を得られることを目的に実施しました。講師として元・三井不動産リアルティ(株)代表取締役社長で、現・(株)アトリウム顧問の竹井英久氏が、現状の不動産流通市場の課題点などを踏まえ、今後の不動産業は信頼産業として一層の進化が必要であると指摘しました。顧客目線に立った業務の透明化や接遇意識の向上が必要としました。また、弁護士・松田 弘氏によって、コンプライアンスの定義や違反事例とその理由などが解説されました。

今後もコンプライアンスをテーマとした研修・講座等を開催していく予定です。

 

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

このページの先頭へ