【郊外型店舗木造化 コスト優位性あります!】篠原商店からのお得な情報

<郊外型店舗木造化計画推進中!>

 昨日のメルマガでご紹介した“AMAZON GO”。

アメリカで漸増中!

無人店舗です。

動画をご覧になった方は驚かれたと想像します。

“働き方改革”

“24時間営業問題”

“外国人偽装ビザ取得問題”

などコンビニ運営にアゲインストの風が吹いている日本。

絶対“AMAZON GO”型店舗増えていくと思います。

 

そしてもう一つのトレンドとして建物の木造化が進むでしょう。

メリットがたくさんです。

軽量鉄骨に比べて優位性たくさんあるのです。

鉄骨と木造のコスト、工期、品質などの比較資料がございます。

 

この詳細資料をご関心のある方々へお分かちいたします!

(かなり綿密に考慮された資料ですので当社との取引口座のある工務店様に限らせていただきます。)

基礎・木材・建材・内装を含む材料代のみならず工賃も網羅されています。

 

  • コスト面=10%ダウン!
  • 工期30日間短縮!
  • 建物品質=同等!
  • 自然への負荷=大幅減!

 

減価償却年数は鉄骨34年に対して木造22年。

節税効果面でも木造に軍配が上がります!

 

ご関心のある方は町田まで“「郊外型店舗コスト比較資料」送れ!”とメールをください。

 

お送りさせていただきます。

<外国人技能実習生対応>

国土交通省は7月5日、建設分野の外国人技能実習生の受入れに当たり、受入人数枠の設定や、建設キャリアアップシステムへの登録等を義務化する内容の告示を制定・公布しました。

 「技能実習を行わせる体制の基準」では、(1)申請者が建設業法第3条の許可を受けていること、(2)申請者が建設キャリアアップシステムに登録していること、(3)技能実習生を建設キャリアアップシステムに登録することを定めています。「技能実習生の待遇の基準」では、技能実習生に対し、報酬を安定的に支払うこととしています。これらの基準は、施行日以降新規に受け入れる外国人技能実習生に対して適用されます。

今回の告示は、建設分野の外国人技能実習生の失踪者数が分野別で最多であり、実効性のある対策が急務となっていることや、失踪要因として報酬の変動や就労場所が変わり就労管理が難しいことなどの背景を踏まえて制定されました。また、4月から改正入管法による新たな在留資格(特定技能)の運用が開始されたことも関係しています。

                                   

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ