【過去最高!アールシーコアさん(7837)】篠原商店からのお得な情報

伏図初回無料バナー_900×100px

過去最高!アールシーコアさん(7837)

アウトドア好きにはたまらない魅力を放つBESSの家。

BESSはアールシーコアさんの主力商品。

エッジがバリバリ効いています。

代官山の展示場は「ここは都心の軽井沢?!」 なんて思わせてしまうステキな空気が流れています。

 

2018年3月期決算をみてみましょう!

 

<契約棟数>

  • 2017年3月  948棟
  • 2018年3月  1,077棟

 

14%アップ。

 

<売上>

  • 2017年3月  129億円
  • 2018年3月  135億円

 

5%アップ!

 

スゴイですね~~。

 

中期3か年計画はぶったまげます。

「業界最狂!ハピネス拡散」

な~~に~~?!

 

東京証券取引所をなめ切るくらいクールです。

 

2020年3月までに売上200億円、営業利益8%までもっていくそう。

 

そのための施策は4つ。

  • 触媒力拡大
  • 梺くらしの創出
  • 販社制度
  • 生産革新

 

ちなみに2項の“梺”って漢字読めませんでした。(苦笑)

“ふもと”です。

 

明日この4つの施策の考察をしてみたいと思います!

 

IR資料はこちら!

 

http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=ir_material&sid=93058&code=7837&ln=ja&tlang=ja&tcat=ir_material9&disp=simple

         c0138070_21583435

 

<10代の大工は2,150人?!>

全国900もの施工業者が加盟する全建総連リフォーム協会が、加盟店の元請け化の研修を強化のため、「OBへの提案」をテーマとする研修を7月と来年1月に開催するそうです。

具体的には建物診断による修繕箇所の提案となり、研修では、セミナー形式だけでなく、実際に現地に赴いて建物診断の仕方や提案の仕方なども学びます。

元請け化研修を行う背景には、全国的な若い職人の減少があります。2015年の国勢調査によれば、10代の大工は全国で2150人で、同団体では「10年後には大工がいなくなってしまう」と危機感を持っています。大工のなり手が少ない理由について、徳森事務局長は、「職業が利益を確保できる構造になっていない」と話し、下請け職人が多く、利益をコントロールできない状況を改善することが大工人口の増加につながる一歩と考えています。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ