【車どこに停めたっけ??】篠原商店からのお得な情報

<車どこに停めたっけ??>

日本の街では緑のおじさんたちが闊歩しています。

キョロキョロ辺りを見回しながら違法駐車している自動車、バイクにシールをぺたぺた貼っていきます。

何度となく違反の罰金を支払ってきた、交通違反の高額納税者の不肖町田からすると目も合わしたくない人たち。

いくらアホの町田でも学習効果を重ねて有料駐車場に今では極力入れるようにしている次第。

昨年末池袋のサンシャイン60の地下駐車場に停めた時のエピソード。

「公称1,800台収容可能!」と謳っているではありませんか。

確かに広いです。

 

スケジュールが超オセオセだったので駐車場位置をよく確認せずに走って車から離れてしまいました。

さて帰りに地下に降りたら大変!

全くどこに停めたか覚えていません!

かすかに残っている記憶を頼りに30分歩きまくってやっと自分の車にたどり着きました。

その日の夜「記憶力アップに効く!イチョウの葉エキス」のネット販売サイトに、夏の夜電撃殺虫器に飛び込む虫のごとく誘導されて、“プチッ!”と購入ボタンを押してしまう始末。

 

それともう一つ注目したのが“TRACKER”という商品。

これはとっても便利!(そうです。)

車にちっちゃな“TRACKER”君を置いておくと電波を放ってくれます。

車から離れてもスマホから自分の車の位置がトレースできる仕組み。

 

たぶん建築現場に行かれて遠くの駐車場にパーキングされる貴兄もおられると想像します。

特に都内はそうです。

忙しい皆様に重宝されるシロモノ。

 

PC,スマホ、システムなどをどのように活用して作業を軽減、簡素化できるかが今後の勝負です。

特に人手不足になり一人二役の仕事をこなさないと現場は回りません。

積極的に最新機器、システムを取り入れていくことが肝要と思います!

 

                

                   (写真をクリック!)

          

 

<土地登記義務化!>

増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる研究会は13日、所有者不明の土地の解消に向け現在は任意となっている相続時の登記を義務化すべきだとの政策提言をまとめました。居住地と離れた土地を相続し、管理や利用が困難になった場合に備え、所有権を手放すことができる制度を設けるなど有効活用を求めました。

所有者不明地の増加は、相続人が税負担を避け登記手続きをしないことが要因になっているとされています。提言では、現在は相続登記が任意であることに触れ「社会の基本ルールとして義務化を検討すべきだ」と強調しています。公証人や弁護士を関与させるなど、確実に相続手続きが行われる方策が必要だと訴えました。

研究会は、所有者不明地が2016年時点で九州を上回る約410万ヘクタールあり、対策を取らなければ40年には北海道の約9割の720万ヘクタールに達するとの推計を公表しています。経済損失は累計で約6兆円と見積もりました。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件の篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ