【自社ホームページの暗号化できてますか?】篠原商店からのお得な情報

<グーグルが暗号化されていないウェブサイトに警告表示すると発表!!>

墨付けできるコンサルタントの浅野さんから、「10月1日からグーグルクロームを使ってお問い合わせページなどにアクセスした場合、(SSL化)暗号化されていないページに関しては、警告表示されますので対策が必要ですよ!」と警告を受けた篠原商店。

「またまた~~!」

軽く考えていましたが結構重要事項でした。

暗号化されていないお問い合わせフォームなどの個人情報を入力するページでは、

Not Secure  

と表示されるとのこと。

http-search

Not Secure は、日本語で「安全ではありません」

ホームページからのお問い合わせ率に影響がでそうですよね。

最終的には、ウェブサイト全ページSSL化(暗号化)に対して、Not Secure と警告するとグーグルは言っています。

SSL化されているかいないかは、簡単にわかります。

通常のウェブサイトは http で始まりますが、SSL化されているウェブサイトは、https と表示されます。

当社、シノハラのホームページは全ページSSL化に対応しています。

https://www.shinoharashoten.com

 グーグルクロームでアクセスすると、「保護された通信」と表示されます。

 

保護された通信 と表示するか安全ではありません と表示するかお問い合わせに相当影響がでそうですね!

アサノさんのところでは、他社でホームページを製作した方でもSSL化対応してくれるそうですが、

大変込み合っているのと、ホームページの作り方やご利用いただいているサーバーによって
費用が異なるそうです。

「篠原商店の町田の紹介」と記載していただければ親切に対応するとのことです(笑

 

 https://asanoyukinobu.com/

 

 

グーグルからの発表はこちら
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/07/next-steps-toward-more-connection.html

           Dangerous logo

 

 <住宅購入は負担?!>

iYell(いえーる、東京都渋谷区)はこのほど、住宅購入の負荷に関するアンケート調査を実施し、発表しました。

住宅購入の手続きなどに係る負荷について聞いたところ、「とても大変だった」「大変だった」と回答した人は合計90.4%にのぼりました。これに対して、賃貸契約に係る負荷では「とても大変だった」「大変だった」の合計が58.9%となり、住宅購入手続きの負荷との間に大きな差が見られました。

大変だった内容は、住宅購入・賃貸契約共に、「複数回にわたる類提出の準備」(37.4%)、「平日に仕事を休まなければならなかった」(25.7%)、「引っ越しのスケジュール調整」(23.5%)が上位となりました。

そのほか、負荷の内容を年代別に見ると、若い世代ほど「連絡方法」の負荷が大きいと答えていました。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ