【自社サイトのスマホ対策は終了済?】篠原商店からのお得な情報

<自社サイトのスマホ対策は重要!>

「大学に入学して初めてパソコンを手にする学生急増中!」

こんな記事がさくらの花びらと一緒に舞う今日この頃。

春ですね~~。

なんてのんびり言ってられません。

 

私たち企業側はますます自社サイトがPC偏重になっていないか?スマホ対応しているかどうか?

確実にチェケラッチョ!

 

われらが「墨付けできる元大工で今はマーケティングコンサルタントの浅野幸延氏」から伝授された調査方法を今日は”又伝授”させていただきます。

 

必ずやっておきましょう!

 

<手順>

  • インターネットエクスプローラーではなくグーグルクロームで自社ホームページを立ち上げます。
  • 右上にあるたて3つに並ぶ点をクリック。
  • その他のツールをクリック。
  • デベロッパーツールをクリック。
  • 左上のPCホームページの中にスマホホームページが描かれているのような2つの四角がオーバーラップしてあるところをクリック。

 

するとスマホに映るとなるとどのような見え方になるのかが分かります!

スマホでも十分見やすく構成されているでしょうか?

 

若い人を中心にPCでなくスマホユーザーが半分以上のウエートを占めるようになった今、スマホを見やすくしてアクセス数を増やす努力をすることは必須。

もし「まだ」の会社さんは浅野先生へぜひご相談ください。

 

工務店向けにエッジの効いたHPを作ってくれて運用してくれるはず。

 

ご連絡は町田のメアドまで「浅野先生紹介してくれ!」と打ち込んで発信お願いします。

 

ご相談お待ちしております!

 

Google発表の「モバイルファーストインデックス発表文」はこちらをクリック。

 

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

 

                       17_importance-of-smartphone-site

<TDB景気動向調査>

帝国データバンクは4日、2018年3月の「TDB景気動向調査」の結果を発表しました。

同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は50.4(前月比0.1ポイント増)となり、2ヵ月ぶりに改善しました。

業種別にみると、10業界中7業界が改善しています。「不動産」の景気DIは53.1(同1.0ポイント増)と改善、「建設」は52.9(同0.5ポイント減)と3ヵ月連続で悪化しました。

「不動産」では、「投資物件をはじめ、住宅地も人気の高いところは高額の取引が続いている」、「SCやホテルといったクライアントの業績が好調であり、単価交渉も順調」などのコメントが挙げられています。

企業規模別では、「大企業」が52.2(同0.3ポイント増)、「中小企業」が49.9(同0.1ポイント増)といずれも改善し、全規模が改善するのは3ヵ月ぶりでした。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ