【結果にコミット!】篠原商店からのお得な情報

<ライザップグループIR資料!>

「結果にコミット!」

佐藤仁美、エドはるみなど有名人がスッキリ・スリムになったCM。

印象的な会社です。

 

 

11月14日に売上大幅アップを発表!

2018年3月上期は625億円。

2019年3月上期はなんと1,091億円!

1.7倍!

凄いです!

でも残念ながら決算は赤字。

ライザップと言えばM&A。

健康分野のみならず異業種にも挑戦。

特に私たち注目は横浜住宅業界の雄“タツミプランニング”さん。

コミットされた結果は出せたのか~?!

 

決算資料44ページをご覧ください。

・メガソーラー事業(2013年~)の大型案件の受注遅延により、 構造改革を実施し、資産の見直しにより上期損失▲5億円

・下期以降、本業の建築事業との経営資源配分を適正化し、 事業リスクの適正化を推進する方針

 

タツミプランニングさんは非上場。

よって財務の詳細は知る由がありません。

売上、粗利、販売管理などは分かりません。

唯一ディスクローズされているのは「損失金額5億円」のみ。

大型案件受注遅延が理由。

 

タツミさんのイメージは横浜界隈のどちらかと言えばハイソな住宅。

大型メガソーラー案件があったなんて想像もしていませんでした。

 

三戸政和氏が著した「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」。

最近話題の本。

でも軽率に会社を買ったはいいけどコケる人が案外たくさんいるという話を聴きます。

デューデリをキッチリやっている大手。

人材がそろっている大手。

それでも5億円の赤字というのは意外でした。

 

M&Aがうまくいくかは大手、小手は変わりないのではないと想像します。

商売難しいんですね~~~!!

 

「結果にコミット」してもうまくいくかいかないか100%保証ないのがthe商売。

 

がんばりましょう!

 

IR資料はこちら!

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2928/ir_material_for_fiscal_ym/55938/00.pdf

 

 ダウンロード

<コーナン商事さんリフォーム事業強化!>

ホームセンター大手のコーナン商事(大阪府堺市)がリフォーム事業を本格化します。

10月6日オープンした堺高須店内にリフォームショールームを初開設しました。ショールームでは、各住設機器メーカーと協力し、水まわり中心にリフォーム後の生活スタイルを5カテゴリーに分け展示しています。

こだわりは、普段同社では取り扱わないTOTOのシンラなど中高級商材を展示し、大手メーカーショールームに近づけています。2日間にかけ行われた店内のリフォームナレーションセミナーには、300人以上が参加しました。家族連れが多く、合計で19件の引き合いが取れました。

 

 

老健施設、病院、学校など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

 

このページの先頭へ