【社長業は孤独?!】篠原商店からのお得な情報

<社長は孤独?!>

社長はいい身分です。

*うちの社長に限りません。

何時に会社へ来ても遅刻になりません。

交際費の幅も大きいです。

乗っている車も高そう。

 

大方の人はそう思っています。

でも身近にいればいるほど社長業の大変さを痛切に感じます。

特に「社長業はなんて孤独なんだ!」と感じられている社長さんがなんと多いことか。

懇親会などアルコールが入った席で二人きりになるとポロリとこぼされることがあります。

ある社長は「孤独に勝てないと社長にはなれないんだよ。」とおっしゃられていました。

「孤独に打ち勝つ!」という言葉が心にずっと残っていました。

 

“孤独”というとネガティブなイメージがあります。

社会人になっても一人で昼飯食べているのを他の社員から見られるが恥ずかしいという“ランチタイム症候群”という言葉を聞いたことがあるでしょう。

一人ランチ=孤独=みじめ

こんな連想が働き自分がみじめなヤツと見なされていることを想像していたたまれなくなってしまうのだそう。

 

しかし先日お会いしたある社長と“孤独感”についての話をした際に言われていたことは興味深かったです。

「孤独は決して悪いことでも恐れることでもない。孤独であれば自分の時間と空間が確保しやすく自分と向き合うことができる。考える時間がそれだけ増えると成長できる。だから孤独ってまんざらでもないよ。」

こんなカッコいいお言葉をおっしゃられていました。

 

珠玉のお言葉をいただきました。

コインの表と裏で何事にも良い面、悪い面あります。

良い面見て毎日過ごされている方なのでしょう。

 

ありがとうございました!

                          lonelyMan

<国土交通省社会資本整備審議会>

国土交通省の社会資本整備審議会産業分科会・不動産部会は6月16日、空き家対策などに関する提言の中間とりまとめに向けた議論を行いました。提示された中間取りまとめ案には、今後の取り組みの内容が具体的に示されました。

案に盛り込まれた主な取り組みは、優良な空き家活用事例を共有するための全国協議会の設置、空き家の所有者情報を外部に提供する際のガイドラインの充実、新しい既存住宅の登録制度「安心R住宅(仮称)」や全国版「空き家・空き地バンク」の構築、空き家など低額物件を取引する際の宅建業者の負担適正化、用途変更などが円滑に行われるような建築規制の合理化、などでした。

国交省は同日の議論を踏まえた上で、6月中にも提言として取りまとめる予定です。

 

 

 

小学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ