【現場に行かなくても現場チェック?!】篠原商店からのお得な情報

<現場にいなくても現場チェック!>

営業、工事の人間にとって移動時間をぜひ削減して業務効率化したいところ。

お客様、職人さんも人間。

フェイストゥーフェイスのふれあいも時には大切。

でも移動時間が無くなったらもっと高頻度で接触可能となるのではないでしょうか?

東急コミュニティーが今回導入決定した“スマートグラス”。

ビル・マンションの工事現場と会社をスマートグラスでつなぐシステムで業務革新を進めるそうです。

リアルタイムで現場情報をチェックできます。

スマートグラスはいわば高性能眼鏡。

詳細は動画でチェック。

スマートグラスを付けているヒトの光景、音声の情報を本部のPCと共有。

東急コミュニティーさんは現場で働く工事安全担当者にスマートグラスを装着してもらいます。

リアルタイムで本部の熟練技能者よりアドバイスを受けることができるもの。現場労働力の大幅省力化を見込んでいます。

監督が足りない今。

私たち木造建築の現場でも導入&活用可能だと思います!

 

動画はこちらをチェック!

 

<木製ストロー?!>

プラスチックストロー廃止の動きのある中、アキュラホームとザ・キャピトルホテル東急は12月11日、「木材ストロー」の製品化を行う「Wood Straw Project(ウッドストロープロジェクト)」の発足を発表しました。

「木材ストロー」は、国内の間伐材を含む国産材を原材料としたものでアキュラホームが企画・開発、ザ・キャピトルホテル東急が製品化へ向けた監修を担い、3者で協議・試作を重ねて製品化してものです。”スライスした木材で巻き、ストローを製作・量産・導入”するものは世界初ということです。同ストローの製品化により、間伐材の利用を促進することで持続的な森林保全を支援します。

 

 

 

病院、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ