【東急リバブル”アクセル君”ユニーク!】篠原商店からのお得な情報

<“アクセル君”すごい商材です!>

東急リバブルさんの”アクセル君“というサービス。

これ凄いです!

2017年9月の発売というからまだまだ生まれたてホヤホヤ。

“ホームステイジング”というコンセプトがポイント。

 

「これからマンションを売ろう!」と決めたオーナーさん。

当然「高く売りたい!」と願うのが人の常。

でも売手の希望価格ではなかなか物件がはけていかないのは容易に想像がつきます。

売手は高く売りたい。買手は安く買いたい。

そう簡単に互いの欲求が満たされるほど世の中甘くありません。

 

そこで俄然注目を浴びてきたのがホームステージングというアメリカ生まれの販売戦略。

中古不動産を販売する際建物内はガランドウ。

味も素っ気もないのが当たり前でした。

買手が案件を観た時自分がそこに住んでいる姿をなかなか想像しづらいのが現実。

そこでアメリカで登場したのがホームステイジングをするホームステイジャー。

おしゃれなセンスが問われる職業。

女性が多いのが特徴。

部屋の壁紙・キッチン・水回りをリノベします。

それだけでなくカーテン、テーブル、果ては小物類までおしゃれにセッティングしちゃいます。

売手の不動産物件を化粧していかに高く売るように思案するお手伝いをするのがホームステイジャー。

アメリカにはホームステイジング協会が存在し教育、宣伝、啓発活動を行っています。

https://iahsp.com/

 

確かにホームステイジングすれば高く、早く売却できるでしょう。

でも売手に販売価格、素早い売却を保証するものは何もありませんから「どこまでお金をかけてよいものやら???」と腰が重くなります。

東急リバブルさんが始めた“アクセル君!という新サービスはこの売手の不安を解消してしまいます。

 

ホームステイジングに要する経費支払いは売却後でいいのです。

そして規定の期間内に販売できなかったら東急リバブルさんルールに則り買取保証までしてくれます!

不動産売却における不安、恐怖を解消するサービス。

ホント上手です。

 

全ての商売の基本は“恐怖”、“痛み”、”不安“の解消か”満足“、”快楽“の提供のいずれかか複合。

 

儲かっている会社には理由がありました。

しっかりお客様のニーズ、ウォンツをリサーチしより良い商品提供ができるようにしてまいりましょう。

 

アクセル君の動画はこちら!

http://www.livable.co.jp/baikyaku/active/

                                           7O3A2550-750x502

<OKUTAさん。事業多角化>

大手リフォーム会社のOKUTA(埼玉県さいたま市)が事業の多角化を進めています。現在、売上高の67%が平均単価が400万円の高額なリフォームで占めていますが、これを22年に50%に抑え、その他の事業で残り50%を稼ぎ出す体制に切り替えることを目標にしています。

強化するのはキッチン、バスなどの水まわりを中心としたリニューアル工事と、中古住宅のリノベーション事業ということで、どちらも近年伸びている事業だということです。

同社では東日本大震災後に主力である大型リフォーム受注が急に停滞。買い控えが発生し、森田社長は、「当時、月2億~3億円あった受注が無くなり、非常に経営が厳しかった。大型だけでは厳しいと考えるようになりました」と話しています。

同社の2017年9月期の売上高は63億円、今期は70億円弱を計画。4月には5年ぶりとなる店舗も新宿に開設するなど、攻めの経営を推進しています。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ