【東北復興 頑張れ東日本ハウス!】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

刺すような冷気の中、外でのお仕事ご苦労様です。

 

<東北復興どうなるのでしょうか?>

弊社篠原社長が敬愛する中村元会長・中村功氏が創業した東日本ハウス。

10月決算ですが、昨年まで絶好調。

東北復興の主動力として大活躍。

東北、北海道で売上の半分を占める典型的な北国のハウスメーカーです。

 

売上の推移を観てみましょう。

2011年  422億円

2012年  469億円

2013年  486億円

2014年  458億円

 

続いて営業利益の推移です。

2011年  37億円

2012年  46億円

2013年  50億円

2014年  42億円

 

完工棟数はこんな数字。

2013年  1,486棟

2014年  1,183棟

 

 

2011年に起きた東北大震災。

2012年、2013年と売上を復興してきた東北地域のみなさんと一緒に伸ばしてきました。

でも今年10月の決算の数字からするとややマイナス。

復興支援がうまく行っていない話はあちらこちらで聞きますが、住宅を購入する一般の方へはうまくお金が回ってきていない様子。

当時管首相は「東北を元通りにするのでなく、震災を機にまるっきり新しい地域を創生する!」と言っていました。

順調とは言えない結果。

 

ちなみに「来期予想は消費税増税先送りのために微増」としています。

興味深い成田社長の所見です。

 

東北、北海道で活躍する東日本ハウス。

今はお取引はないですが、頑張ってもらいたいと思っています。

東北のため、日本のために。

 hnh00000030104L

<11月度首都圏新築データ>

アットホームから2014年11月期の首都圏新築戸建ての登録価格、および成約価格データが発表されました。

 

それによると新築戸建ての平均登録価格は、首都圏平均で1戸当たり3,324万円(前年同月比3.3%上昇)と、4ヵ月連続のプラスとなりました。

成約価格も1戸当たり3,327万円(同0.0%上昇・1万円上昇)で2ヵ月連続のプラスだそうです。

 

区域別には、東京23区の4,000万円以上の物件が低調で4,267万円(同6.0%下落)と大幅下落となりましたが、東京都下・神奈川の成約増および埼玉の価格上昇の影響で前年を上回る結果となりました。

ただし、上昇幅は2ヵ月連続で低水準とのことです。

 

建て方お手伝いの篠原商店をよろしく!(地域限定です。)

キダテ設計事務所では長期優良住宅申請を今活発にさせていただいております。

 

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

町田隆浩

このページの先頭へ