【日本ハウスHDさん(1873)さすが最後はまとめてきます!】篠原商店からのお得な情報

<日本ハウスホールディングスさん(1873)>

10月決算の日本ハウスHDさん。

木造軸組工法で日本を代表する会社の一社。

前会長の中村功さんは名物経営者で政治にも物申す方でした。

尊敬する経営者のおひとり。

 

今期も第三四半期を終えてIR資料が出てまいりました。

 

残り3か月を残した時点での成績は昨対マイナス。

  • 売上     279億円(昨対6.6%マイナス)
  • 経常利益  ▲5.2億円(昨年は9億円のプラス)

 

でも凄いのは今年10月末決算予想では次の通り。

  • 売上     490億円(昨対5.4%プラス) 
  • 経常利益   55億円(昨対 33.6%プラス)

 

中村元会長の薫陶を受けている成田社長。

さすがです。

途中悪いように見せかけても最後はしっかり詰め切ります。

 

IR資料を読んでいて鉄の日本ハウス営業軍団の強さの秘密のいったんを垣間見た気がしたのは以下の資料。

「感謝訪問」

https://www.nihonhouse-hd.co.jp/philosophy/3-2/

 

アフターフォローを日本ハウスさんでは「感謝訪問」と呼んで大切にしています。

最低60年は作ったおうちを見守るとのこと。

 

シノハラグループも「ありがとうの精神」を目指しています。

感謝の気持ちがあるとよい経営、生き方ができると当社会長からも教えていただきました。

 

これからも日本ハウスさんの感謝訪問を見倣いよいありがとうの精神で頑張っていきたいと思った感想でした。

                                  thank_you-870x348

<プレハブ住宅>

一般社団法人プレハブ建築協会(東京都千代田区)はこのほど、2017年度(2017年4月~2018年3月)におけるプレハブ住宅の完工状況と生産能力を調査し、結果を発表しました。2017年度のプレハブ住宅完工総数は15万9629戸で、前年度比5.2%の減少となりました。
全着工戸数に占めるプレハブ住宅の比率は16.9%と、前年度より0.4ポイント低下しました。プレハブ住宅比率は2014年度の17.8%以降、下がり続けています。
ZEHの完工総数(一戸建て)は1万7032戸で、一戸建てプレハブ住宅の32.6%を占めました。ZEH比率は前年度に比べて8.8ポイント上昇しました。
プレハブ住宅の生産能力は、生産工場数が前年度より6工場増の130工場、生産能力戸数は1万7310戸増の29万1001戸となりました。

構造別では、木質系16.6%、鉄鋼系 63.3%、コンクリート系低層0.8%、コンクリート系中高層19.2%。生産稼働率は54.9%でした。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ