【日本アクアさん(1429)いい感じです!】篠原商店からのお得な情報

<日本アクア(1429)イイ感じです!>

吹付ウレタン断熱材メーカーの日本アクアさん。

株価は400円前後。

これまで売上・利益とも順調な上昇傾向。

さすがです。

 

過去3期分の売上・経常利益です。

 

第12期  売上  144億円    経常利益  10億円

第13期  売上  156億円    経常利益  14億円

第14億  売上  181億円    経常利益  14億円

 

順調ですね!!

うらやましいです。

やっぱり現場吹付だと断熱性能がアップしそうな印象は一応業界にいる不肖町田も感じます。

 

でもある人曰く「現場発泡させるので性能が職人さんの腕によって左右される可能性大。工場生産の板状ボードの方が性能が均一になっている。よって後者の方が優れているんだ。」とのこと。

いろいろ意見が出てきます。

 

でも日本アクアさんの売上がこれだけ毎年アップしてきているのですから吹付系が支持されていることは厳然とした事実。

 

注目は今期末(12月決算)の予想決算数値。

  • 売上予想  200億円(10%アップ)
  • 経常減益  6.5億円(54%ダウン)

 

昨年末の14億円からすると半分。

厳しい利益予想。

 

理由がIR資料に書かれています。

「利益面においては、昨年後半からのアクアホームの原料であるイソシアネートにおいて、供給不足による高騰の影響が当初想定以上に長引いていることから、営業利益は前期より大幅減益となりました。」

 

原材料費がアップしているのが原因。

木材価格も昨年からアップしています。

原油もアップ。

 

原材料は相場モノ。

アップもあればダウンもあり。

 

販売価格への転嫁はホント微妙。

でも原因がわかっているので打つ手は明確です。

 

https://www.n-aqua.jp/ir/financial/

 

吹付方式が強い支持があることは売上アップの進捗からも明らか。

これからますます絶好調の日本アクアから眼が離せません。

              3-2-12 

 

<博多のMST>

いちご<2337>は、福岡県福岡市に同社が保有する「博多MST」について、建築環境総合性能評価システム(CASBEE)の認証で、評価 A(大変良い)を取得したと発表しました。
今回「博多MST」は、「再生水利用により、上水使用量を削減している」「間口の広い開口部を3面に設けることで、自然採光の有効開口率を高く確保している」「公共交通機関の利便性が高く、公共交通機関の利用を促進している」の、3点が高く評価されました。
CASBEEは、建築物の環境性能を評価し格付けするもので、省エネルギーや省資源、リサイクル性能など環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。
同社は今後も、保有する物件の環境・省エネ対策や、エネルギー利用の効率化について取組み、環境への配慮と環境負荷低減に向けて対応を進めていく考えです。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

 

 

 

このページの先頭へ