【”宮城県の杉振興策”って超良さげ!】篠原商店からのお得な情報

<宮城県の杉振興策!>

仙台市にほど近いプレカット工場を見学する貴重な機会がありました。

 

仙台って大宮から新幹線で1時間チョイ。

大宮駅を出てすぐの車内アナウンス。

「次の駅は仙台ぃ~!」

ノンストップだから速いわけです。

一時間電車に揺られたとは思えないほど涼しい凛とした風がそこには流れていました。

 

同じプレカット工場として抱えている悩みは共通。

大変勉強になりました。

お手伝いできることは一生懸命させていただきます。

しかもお安くです。

 

話を伺うと興味深くかつ羨ましかったのは宮城県の杉振興策。

「新築木造住宅で宮城県産材(主に杉)を60%以上使って50万円補助金をもらおう!」

こんな制度が杜の都にはありました。

 

今回訪問させていただいた工場さん。

なんと製材・乾燥を自前でできる施設を有しています。

超追い風!

 

梁材においての杉というのは当然強度で米松、集成レッドに比べて劣るのは否定のできない事実。

ワンサイズはアップします。

それでも50万円の値差。

でかいです!

 

制度の概要はこちら!

 

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ringyo-sk/ekojyuutaku-top.html

 

企業の優位性って地域によって独特だなって思った先週末のショートトリップでした。

 

暗くなって飛び乗った新幹線で食べた牛タン弁当。

弁当箱の横についているヒモを引く抜くとあら不思議!

湯気が立ち始め暖かくなってきます。

炊き立てごはん&焼き立ての牛タンが5分ほどでレディーゴー!

お腹が満たされ快適なみちのくの旅です。

 

今度はぜひ家族のパーソナルな旅行で訪れてみたいと強く思って生ぬるい風に吹かれながら大宮駅に降り立つ不肖町田でした。

 

         maxresdefault

 

<骨太の方針>

政府は6月5日、経済財政諮問会議(議長:安倍晋三首相)で「経済財政運営と改革の基本方針2018」、いわゆる「骨太の方針」の原案を示しました。

2019年10月1日の消費税率引き上げによる需要変動を平準化するため、税率引上げ後の住宅の購入支援について、税制・予算による十分な対策を具体的に検討することを明記しています。

このほか、住宅関連では、既存住宅市場の活性化を進めることも盛り込みました。公的賃貸住宅を活用し、若者・子育て世代が安心して結婚・子育てしやすい住環境の整備や、高齢者らの住み替えへの支援などを一体的に進めていきます。他にも、空き家の利活用、住宅の良質化・省エネ化、リフォームの推進、不動産管理業の適正化も進めていくそうです。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件の篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ