【安全?北朝鮮からのミサイル攻撃】篠原商店からのお得な情報

<安全?北朝鮮からのミサイル攻撃>

韓国の住宅関係の業者さんを工場に案内しました。

なんでもソウル近郊の高級住宅分譲地では日本式の木造住宅が人気なのだとか。

”日本のヒノキ“ブランドはとっても高いそう。

信仰にも近いものがあります。

 

でも不肖町田みなさんに代わって質問しました。

心からの率直な意見。

「日本では今“国難選挙”などと唱えて安倍政権が誕生しました。いくらいい住宅を建てても北朝鮮が攻撃してきたことを韓国の皆さんは心配していないのですか??」

 

氏いわく。

大声で笑いながら「誰も心配していないですよ!北朝鮮軍が38度線を越えて南進してきたらそれは金正恩の最後です。世界最強の米軍の攻撃で滅びます。金正恩もそんなにバカじゃないですよ!」

 

だから今でも住宅着工がそんなに落ちていないです。

だからマンション中心の韓国の住宅事情が戸建に移りつつあります。

 

だそうです!!

 

年末年始には第七艦隊の空母3隻から一斉攻撃が始まるかも?!なんてニュースも飛び交う日本の論調。

案外最前線では状況が違うようです。

 

驚きでした。

 

一般的には正しいと考えられている“常識”も実は“非常識”だったなんてことはときどき聞く話。

お客様のご意見、ご要望を聴く際も気を付けたいと思いました。

                                          ダウンロード

<住宅業界のリスク>

日本木造住宅産業協会(木住協、東京都港区)は11月27日、民法改正や地震への対応など住宅業界の最新のリスクマネジメントを紹介する「住宅業界リスク対策セミナー」を開催します。

3年後に決まった民法改正や今後取るべき法的課題について、弁護士の秋野卓生氏が解説します。また、熊本地震で被害を受けた住宅会社がどのような顧客対応を求められ、どのような教訓を得たのか、現地の生の声を伝え、震災リスク対策を考えます。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ