【好調!ノダさん(7879)】篠原商店からのお得な情報

<ノダさん。好調です!>

合板、建材でお世話になっている株式会社ノダさん。(7879)

減収ですけど増益です。

素晴らしいです

 

 

<売上>

  • 2017年11月期 669億円  
  • 2018年11月期 650億円(3%ダウン)
  • 2019年11月期 670億円(予想)

 

<経常利益>

  • 2017年11月期  37億円  
  • 2018年11月期  48億円(30%アップ)
  • 2019年11月期  41億円(予想)

 

連結で従業員数1320人にもなります!

合板工場の好調が理由。

 

売上内に占める合板割合は  39%。

経常利益内に占める合板割合は53%。

 

今合板値上げがきついです。

 

いかに合板が儲かっているかがこの数字からも明らか。

利益がたくさん出ている事業を最低一つでも持っている会社は強いです。

複数の収益源。

大切な教訓です。

 

過度の事業多角化は経営資源分散となり逆効果。

でもノダさんのようにお互い補完し合うような事業形態は理想です。

 

見習いましょう!

 

株式会社ノダIR

http://www.noda-co.jp/ir/img/mt/h29_kesann_tanshin.pdf

              img_ni_eco02

<Raffles City 重慶>

現在、中国・重慶市で建設中の複合施設「Raffles City重慶」は、これまでにない斬新なデザインで注目をあつめています。なんと、4棟の高層ビルの上にスカイブリッジが横たわっているというものです。

2018年半ばまでに鉄鋼建設が終了し、一般公開は2019年を予定しています。Raffles City重慶は、シンガポール拠点のデベロッパー、キャピタランドが手がけていて、2012年に建設が開始されました。

全8棟の高層ビルから成り、高さ250メートルもある4棟の最上部をスカイブリッジでつなげます。中にはプールや空中庭園、展望台を設置する予定だといいます。また、スカイブリッジを冠する4つのビルの近くには、高さ350メートルのビル2棟がた立ち、4棟のビルのうち真ん中2棟のビルと小さなスカイブリッジでつながります。それとは別にもう2棟の高層ビルも同じ敷地内に建設され、全8棟の総床面積は81万7000平方メートルにものぼります。オフィスやホテル、ショッピングモールといった商業施設と、集合住宅を備えた複合施設となるようです。

 

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ