【好調!アサンテさん(6973)】篠原商店からのお得な情報

<好調のアサンテさん!>

前回ブログでお伝えさせてもらった好調アサンテさん(6973)

ヒアリ効果もあるみたいです。

 

でも経常利益は前期比で悪化。

要因の一部に人件費増。(とIR資料にありました。)

 

5ページには“14.2%総人件費増”とあります。

退職給付費用アップが大きいとあります。

人員も前期の937人から1,029人へと93人増えています。(12ページ)

加えて下期に売上減少したようですが原因は“スキル不足”と書かれています。(10ページ)

経常利益悪化要因にヒトの問題は大きい?!

 

 

これアサンテさんだけの問題でないですよね?!

うちを含めて住宅産業全体の問題です。

 

新しい事業を立ち上げようとすると「人を探す」「人を増やす」ことをしないといけません。

住宅工事現場で機械化、IT化を進めることにはまだ難しい面が多々あることは事実。

やっと探せた人材はスキル不足で教育が必要。

厳しいことを指摘すると「私辞めます!」と背中を向けて去っていく。

 

上場大手のアサンテさんも悩む住宅産業の“ヒト問題”。

 

  • 就職希望者が喜んで集まる魅力ある仕事への転換。
  • 教育制度の充実。
  • 働きやすい職場作り。

 

ありきたりですがこのあたりを改善しないと将来が見えてこない気がします。

地道にやっていくしかないですね。

               main_c7ace9a4-8306-483d-93dd-e4e6ebdba73e

<住宅展示場協議会>

住宅展示場協議会および一般財団法人住宅生産振興財団が7月18日発表した6月の住宅展示場の来場者組数は、31万422組で対前年同比5.11%増でした。

エリア別では、関東、信越・北陸、東海、近畿、九州・沖縄の5エリアで対前年同月比プラスとなっています。

5エリアの来場者組数と対前年同月比は以下の通りです。

関東:17万1314組(対前年同月比3.68%増)、信越・北陸:5008組(同19.32%増)、東海:6万4041組(同7.81%増)、近畿:4万8595組(同9.43%増)、九州・沖縄:8652組(同3.10%増)。

北海道、東北、中国・四国の3エリアは、対前年同月比マイナスで、中国・四国エリアは2ヵ月連続で2ケタ減となりました。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ