【大活躍!オープンハウスさん(3288)】篠原商店からのお得な情報

<大活躍!オープンハウスさん(3288)>

都心部で大活躍のオープンハウスさん。

東京23区内の土地建物だけでなく今やアメリカの不動産まで取り扱っています。

どこまで大きくなのかオープンハウスさん。

 

今日は直近の有価証券報告書を一瞥してみましょう!

3ページの沿革からの注目点。

1997年9月が創業年月。

22年前。

同年10月に不動産フランチャイズのセンチュリー21に加盟。

センチュリー21の看板でビジネスを開始。

自社の戸建の販売開始は2001年。

今のビジネスの礎が創られだしました。

 

そして次のブースターエンジンはM&A。

2001年創建ビルドを買収。

2007年イトーピアビジネスネットを伊藤忠商事より買収。

2015年アサカワホームを買収。

2018年ホークワンを買収。

 

やっぱり短期間でグングン伸ばした会社はM&Aを活用しています。

 

以下が過去5期分の記録。(左から売上・経常利益・従業員数)

*1ページ引用。

 

  • 2014年9月期   1,121億円   129億円    631人
  • 2015年9月期   1,793億円   203億円  1,099人
  • 2016年9月期   2,472億円   292億円  1,258人
  • 2017年9月期   3,047億円   361億円  1,522人
  • 2018年9月期   3,907億円   461億円  2,263人

 

5年間の伸び率がハンパないです!

社長の才覚が桁違い。

不動産事業がきっかけであったようです。

でも建築も絡めて都心部での同業を買収&買収。

人と組織を上手に活用されてガンガンに伸ばされています。

 

ぜひ良い点を見倣っていきたい会社さんです。

要注目!

 

参考IR資料はこちら!

https://openhouse-group.com/ir/upload_file/m005-m005_03/20181220_1.pdf

 merge

<ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス>

環境省は12月21日に閣議決定された2019年度当初予算案に、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等による住宅における低炭素化促進事業」97億円を計上しました。(2018年度比12億円増)

ZEHへの補助は、戸建て住宅(注文・建売)向けが1戸あたり定額70万円。

一定の規模未満の集合住宅向けが1戸あたり定額60万円。一定の規模以上の集合住宅向けは補助率3分の2で補助を行います。

ZEH化に加え、低炭素化を進める建材や設備、蓄電池を導入する場合に別の補助も行います。

同予算ではZEHへの補助のほか、高性能建材を使った住宅断熱リフォームを支援する事業も実施します。(戸建ての場合、補助率3分の1で上限が1戸あたり120万円)

 

 病院、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ