【壁をぶち破って多能工になろう!】プレカット工場篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

 

最近は夜もエアコン、扇風機が無くても寝られるくらい過ごしやすいですね。

体調管理にはお気を付けくださいませ。

 

<多能工の必要性>

先日新宿で多能工人材育成機構という団体の方とお会いいたしました。

職人不足を見据えてこれまでの職種にこだわらず様々な仕事を1人の職人さんが出来るようになることを推進しております。

新工法開発などもされているようでした。

同様の話はさいたまのリフォーム屋さんからも聞きました。

特にリフォームでは従前の職種に縛られた職人さんをそのたびごとに現場へ呼んでいたのでは金額が合わないということでした。

件のリフォーム屋さんは簡単な仕事なら社員でやってしまうとのこと。

確かに建設現場だけでなく、当社のような工場内でも「多能工を目指そう!多能工!多能工!」と叫んでいるくらいです。

あるサッシメーカーの工場を見学した際には、職工さんが出来る職種が増えるとヘルメットに張れるシールの数が増えるシステムを導入していました。

人間心理的にもこれは優れた仕組みでしょう。

他の工員の向上心をくすぐる起爆剤にもなりますし、本人の自尊心を高めます。

当然経営側にもメリット大です。

まだまだ建設現場での改善活動はできることがありそうです。

 

 

<ハイアス&カンパニーさんが行ったアンケート>

 

20歳以上の男女1,452名を対象に実施した「住宅購入に関するアンケート調査2013」の結果をハイアス・アンド・カンパニー株式会社が発表しました。

下記がアンケートの結果です。

 

Q:「“一般的に”住宅(マイホーム)の買い時だと思うか」

            「買い時だと思う」54.5%  (2011年は39.0%、2012年45.8%)

Q:  買いどきだと思う理由は?

            「消費増税の可能性」63.1%

            「住宅ローン金利の上昇傾向」39.4%

 

Q:  マイホーム未購入者を対象への質問    「マイホームは“自分にとっては”買い時だと思うか」

             

             「買い時だと思う」35.7%      (2012年は29.0%、2011年では23.7%)

 

Q: 「買い時だと思う理由」は?

               「住宅ローンの金利が上昇傾向にあるため」     40.8%

               「住宅ローン減税などの税制が有利と感じるから」34.0%

               「景気回復が期待できるから」30.5%      

アンケート結果から、買い時かと思う理由のについての質問の回答が、『「消費増税の可能性」と答えた人が多いことから、住宅ローン減税制度の延長や、住宅購入者に対する現金給付制度といった政策に関する情報が、消費者に十分に行き渡っていないことがうかがえる。』また、『「減税政策やアベノミクスへの期待感が伺える」』とも分析しています。

一概に消費税アップ前に買うことがお得になるわけではありません。

丁寧に誠実にお客様へ真実を伝えると高い信頼を勝ち得ることに成功できます!

 

 

ホームインスペクター(中古住宅診断士)のキダテ設計をよろしくお願いします。

古民家再生などのプレカットのご用命は篠原商店へお願いします。

 

町田

メール:   taka2taro@gmail.com

携帯:    090‐3430-6749

 

このページの先頭へ