【地震に強い家作りセミナー 3月22日にいよいよ開催!】篠原商店からのお得な情報

<地震に強い家作りセミナー!>

リクルート社による調査結果。

「注文住宅で一番重要なファクターは耐震性能」が1位。

地震に強い住宅を作ってお施主さんにアピールすることは非常に重要なマーケティング戦略。

 

LIXIL構造体グループの面々が佐藤実先生を招いて勉強会を開いてくれます!

M‘S設計の代表取締役で構造塾・塾長であられます。

 

先生は1995年阪神淡路大震災でたくさんの木造家屋が倒壊した悲劇を目の当たりにしました。

自分だけで耐震性能の高い住宅を志しても限界がくると強い危惧を抱き各地で木造耐震勉強会を主催するようになりました。

使命感が違います。

 

日時は2018年3月22日午後1時半~5時まで。

場所はティアラこうとう。大島にあるLIXILさんの会社の斜め前。

 

必ずお役に立てると思います。

席に限りがあります。

工務店さんに限ります。

 ご参加希望の方は町田まで「3月22日の席一つ取っておけ!」とメールをください!

 

お早めにお申し込みをください!

              

              (絵をクリック)

 

<リフォームでやりたいことも地震対策!>

LIXIL住宅研究所 アイフルホームカンパニー(東京都江東区)はこのほど、「子供の自立によるライフスタイルの変化」についてインターネット調査を行い、その結果を公開しました。

それによると、セカンドライフに向けてやっておきたいリフォームとして、地震対策が36%と最多となりました。続いて、「自分時間を楽しむ場所をつくりたい」(22%)、「家の中の寒さを解消して健康的に暮らせるようにしたい」(18%)、「家事や収納で楽できるように変えたい」(17%)と、生きがいや健康、快適な毎日を暮らすためのリフォームへの要望が挙げられました。

「子どもが巣立った後、子ども部屋はどうしているか」との問いには、帰ってきた時のため、そのままにしておく人が47%と半数近くを占めました。次いで「収納部屋として使っている」が27%でした。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ