【勉強会を開催して売れてる工務店!】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

<交流会・勉強会開催を活発に!>

実践的な本を読みました。

タイトルは「交流会・勉強会の主催者になって稼ぐ方法」。

著者は安井麻代。

 

篠原商店のお客様でもこの分野で非常に巧みに営業活動されている方が数社おられます。

  • OB客のご家族を招いてバスツアーを年2回ほど行っている埼玉のお客様。
  • これから家を建てようとしている方に「上手な家の設計方法」の勉強会プログラムを実践されている栃木のお客様。
  • 木工教室を夏休みに毎年開催している埼玉のお客様。
  • 住宅ローンの賢い組み方勉強会を実践されている東京のお客様。

 

家を売ろうと頑張ると、安い!高品質!カッコいい!などアピールしたくなりがち。

 

でもじっくりお客様と勉強しながら納得のいく家つくりを実践されているところは成功されているように思います。

クレームがそもそも少ない!

 

上手に勉強会を開いて稼いでいます!

本の中で著者安井さんは次のように書きます。

 

  • 保険や個人向け金融商品など一般的に売りづらいと言われている商品やサービスなどは勉強会向き。
  • 人が集まるところに情報は集まる。
  • たった一回の告知で「集客できない」と嘆くことはやめましょう。集客人数は以下に知できたか、告知の回数によって決まる。
  • 無料セミナーは諸刃の剣。敷居は低くなるが当日キャンセルも多くなる。

 

工務店の方々、営業マンの方々。

とても参考になる本です。

勉強になりました。

 

 

                    

                    (本の写真をクリック!)

<首都圏成約状況>

不動産情報サービスのアットホーム(株)は28日、同社のネットワークにおける2015年7月期の首都圏新築戸建て・中古マンションの登録価格および成約価格データを発表しました。

新築戸建ての平均登録価格は、首都圏平均で1戸当たり3,327万円(前年同月比1.0%上昇)とプラスになりました。成約価格は同3,361万円(同2.4%上昇)と3ヵ月連続で上昇しています。

価格の高い東京23区と成約の3割弱を占める神奈川県が上昇したことなどが要因となっているようです。

23区では引き続き城南など高額物件の多いエリアの成約が堅調で、5,000万円以上の物件割合が2ヵ月連続で3割を超え、平均価格は4,606万円と6年2ヵ月ぶりに4,600万円を超えました。

 

 

上棟手伝いの篠原商店をよろしく!(地域限定です。)

キダテ設計事務所で

長期優良住宅申請を今活発にさせていただいております。

 

 

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

町田隆浩

このページの先頭へ