【勉強、勉強また勉強です!】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

さくらの開花宣言もあちらこちらで、、。

一番日本が映える季節の到来です。

 

<国からの住宅建設支援制度について>

先週に続きある建材系敏腕営業マンより聞いた話です。

 

今様々な住宅関連支援制度を国は整えています。

この件に関する考察です。

 

アンケート内容はこんな感じだったそうです。

「公的支援制度について調べていますか?」という問いに対して、建てる側(工務店、ハウスメーカー側)、施主側でそれぞれ「かなり調べています!」と答えた人の割合。

興味深かったです。

 

<建てる側で「かなり調べています!」と答えた人の割合

大手ハウスメーカー =>約20%

地場工務店     =>約5%

 

圧倒的に大手ハウスメーカーの方の情報量が優っています。

 

<施主側で「かなり調べています!」と答えた人の割合>

20代   =>約50%

40代   =>約30%

60代   =>約20%

 

圧倒的に若い人の方が情報量で優っています。

 

情報を持っている買い手側が売り手に豊富な情報量を求めるのは当たり前です。

たくさん知っている人はもっとたくさん知りたいものです。

 

エコポイント、長期優良住宅など様々な施策を国は推し進めています。

 

お客様の質問にしっかり答えられるように勉強ですね~~。

 

がんばりましょう!

 images

<燃エンウッドとは?>

皆さんすでにご存知の、竹中工務店の「燃エンウッド」。

どのような背景で製品が生まれたかご存知でしょうか?

マイナビニュースで特集が組まれていました。

それによると、最初のきっかけは、2000年の建築基準法改正。

耐火性能を確保していれば大型木造建築が可能になりました。

加えて国産材を使用する動きもありました。

2001年に開発がスタートし、2003年には「燃え止まり型」のアイディアが出てきました。そのアイディアを形にするために繰り返される実験。

竹中工務店は、ゴールを技術ではなく、商品の美しさに定めました。

殺風景な都市風景が、大きく変わるきっかけを作ってくれました。

竹中工務店さんの努力に、感謝です。

 

 

 

建て方お手伝いの篠原商店をよろしく!(地域限定です。)

キダテ設計事務所では長期優良住宅申請を今活発にさせていただいております。

 

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

町田隆浩

 

 

 

このページの先頭へ