【労働安全対策進む建設業界!】篠原商店からのお得な情報

<労働安全対策進む建設業界>

篠原商店の最新鋭機加工マシーン・フンデガー。

最大加工サイズはこんな感じ!

  • 最大加工長さ  18メートル
  • 最大幅     1,350ミリ
  • 最大厚み     450ミリ

 

おかげさまでゼネコンさんの現場(木造非住宅大型建物)にもお世話になれるくらいの材料加工ができるようになりました。

プラス“建て方業務”をやらせてもらっております。

そこで肌でビンビンに感じるのが“労働安全対策強化”。

 

60歳以上の職人さんは高所作業ができません。

一人親方でなく社員化が求められています。

重機誘導の徹底。

安全教育履行。

などなど。

 

こうした処置を経て女性、若者をもっと工事現場に呼び込み「人手不足解消!」を目指しています。

多分中長期的には正しいでしょう。

でも「短期的には逆に現場から人がいなくなるのでは????」なんて言う人が多いことも確か。

 

「人手不足倒産」なんて言葉が今あります。

できることはぜひお手伝いをさせてください。

 

 

今シノハラグループではユニークな業務を種々展開中!

お気軽にお問合せください!

<首都圏住宅地地価動向>

野村不動産アーバンネットは4日、2019年7月1日時点の首都圏「住宅地価動向」の調査結果を発表しました。

19年4~6月期の平均変動率はプラス0.1%(前回マイナス0.04%)と3四半期ぶりにプラスとなりました。エリア別にみると、東京都区部と東京都下で上昇でしたが、神奈川県、埼玉県、千葉県では横ばいでの推移となりました。

今回調査した地点の、「値上がり」は7.1%(同2.4%)、「横ばい」は91.1%(同92.3%)、「値下がり」は1.8%(同5.4%)と、値上がり地点が大きく増加し、値下がり地点が大きく減少しています。

首都圏エリア平均の年間変動率は、プラス0.2%(同プラス0.3%)とわずかながら上昇幅が鈍化した。「値上がり」地点は18.5%、「横ばい」地点が73.2%、「値下がり」地点が8.3%と、天井感も出てきています。

 

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ