【冠スポンサーとなりましょう!】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

いよいよゴールデンウィーク突入ですね!

 

<スポンサー契約!>

ある工務店さんは地元の少年サッカー大会の冠スポンサーとなっています。

街中に張られる大会ポスターには大きく「〇〇ホーム杯!」と入っています。

小学生のサッカー少年たちのあこがれの舞台を演出しているのがまさに〇〇ホームさんです。

愛する子供を持つお父さん、お母さんの頭にも「〇〇ホーム」の名前は深く刻まれることとなります。

素晴らしいマーケティング戦略です。

 

先日あるFC本部の方から「家を購入する時点での子供年齢で一番多い割合は?」という件での話を聴きました。

子供の年齢に関しては綿密なデータを採っているらしく、即回答が返ってきました。

 

答え:「最初の子が小学校に上がる前に建てる人が約40%」

 

子供が大きくなってから建てると転校してもらわないといけなくなります。

せっかく出来た友達が分かれるのはかわいそうとの声。

学区にこだわって建てると、土地価格の交渉力が落ちます。

子供の年齢が上がると教育費も増えてローン返済が大変になります。

 

お風呂に入っていた時にふと考えました。

●多くの子供が参加するイベントの冠スポンサーになることは工務店として有効!

●40%の新築購入者は子供が小学校に上がる前に家を買う。

 

不肖町田の仮説!

 

「幼稚園、保育園の子供が多数参加するイベントの冠スポンサーになることが最も有効なのでは???!!!」

どんなイベントがあるのでしょうか?

①     園児の絵画展。

②     園児の音楽会。

③     地域のお祭り。

④     花火大会。

⑤     運動会。

 

どれも今一つですね~~~。(>_<)

 

こんなことを考えているうららかな春の夜でした。

 child-soccer-player-100226365

<建設経済モデル!>

建設経済研究所から「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(14年4月)が発表されました。

 

それによりますと民間住宅投資は、消費税駆け込み需要により13年度は緩やかな回復が継続していましたが、14年には反動により減少が見込まれるため、13年度の投資額は15兆6,600億円(前年度比12.0%増)、14年度は15兆2,000億円(同2.9%減)と予測。

 

また住宅着工戸数については、13年度は98万8,000戸(同10.7%増)14年度は90万7,000戸(同8.2%減)と予測されました。

 

 

 

キダテ設計事務所では防火の建物の設計を行っています。

ぜひご発注をお待ちしております。

非住宅の大型物件のプレカットは篠原商店で!

町田
メール:   taka2taro@gmail.com

携帯電話:  090-3430-6749

このページの先頭へ