【元気が出てきます!”人生の勝算”って本。】篠原商店からのお得な情報

<“人生の勝算”って本>

ラジオでたまたま流れてきた前田裕二さんという経営者の声。

「人生の勝算」「メモの魔力」

2冊の本を書き上げている発信力の高い経営者です。

 

“ショールーム株式会社”という会社を運営。

https://www.showroom-live.com/

 

「路上ライブをやっている人たちにネット上でもっと活躍してもらう場を提供したい!」

こんな願いのもとに会社(サイト)を始めました。

前田さん自身小学生の頃から駅前路上ライブを開催。

でも動機が普通のチャラいやつらと違います。

 

幼い時に両親を亡くしていてヒモジイ生活を経験。

食べるために、そして稼ぐために路上ライブを小学生の時から実践。

ギターケースの中にどれだけたくさんのお金を投げ入れてもらえるかを考えに考えての毎日のパフォーマンスを行っていたそうです。

“金を稼ぐ”という動機が明確ですので本気の実践型マーケティング。

ちなみに彼はニューヨークの大手証券会社で活躍していたのですが、DNAのあの南場社長から支援を得て会社設立と相成りました。

 

いろいろな街のスナックを開拓&制覇していくのが趣味。

これからのビジネスはスナック型でないとダメと語ります。

重い扉を開けて向こう側に広がるスナック店舗。

常連客でいっぱいです。

ママが酔いつぶれてしまってしまっても、お客がカウンターの向こう側に立ってくれます。

ママの応援団(お客)がお酒や乾きモノを提供するそんなコミュニティ型ビジネスがスナック商売。

AKBもファイスブックも今繁盛している商売形態は皆“スナック型”と論じます。

 

ユニークな視点で最初から最後まで一気に読んでしまいました。

 

冷たい厳しい季節でアウトドアで動き回るのが億劫な今日この頃。

商売繁盛を目指す社長さんがたにお薦めの一冊。

                

        (本の写真をクリック!)

 *不肖町田はキンドル購入だったので431円でした。

 

<今後の住宅・建築物省エネルギー対策のあり方について>

社会資本整備審議会は、石井啓一国土交通大臣に対し「今後の住宅・建築物省エネルギー対策のあり方について」の第二次答申を行ないました。
省エネ基準適合義務制度の範囲について、大規模建築物に加え、基準適合率が9割以上の中規模建築物も対象とする一方、住宅や小規模建築物は対象には加えず、建築士に対して省エネ基準への適否の説明を義務付ける制度を創設し、建築主の行動変容を促すべきとしました。
また、建売住宅を大量に供給する事業者に省エネ性能の向上努力を義務づける「住宅トップランナー制度」の対象に賃貸住宅や注文住宅を請負う住宅事業者を加えることや、既存住宅・建築物の省エネ改修や省エネ性能の診断・評価を促進するため、部分的な省エネ改修の有効性の検証、省エネ性能の簡易診断・評価手法の検証を提言しました。流通段階において、より高水準の省エネ性能が確保された建築物について、住宅情報提供サイト等での表紙を促す方策や、光熱費の削減効果等の表示方法の検討等が必要としています。

 

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

 

このページの先頭へ